ライフ

【大塚英志氏書評】疑似科学、陰謀史観研究で暴走 謎の組織

『SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』ミヒャエル・H・カーター・著

【書評】『SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』/ミヒャエル・H・カーター・著/森貴史、北原博、溝井裕一、横道誠、舩津景子、福永耕人・訳/ヒカルランド/9000円+税
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 柳田國男の戦時下の日記を読んでいくと、いわゆる偽史に関わった人物がしばしば登場する。それより前、大正後期、柳田のジュネーブ国際連盟滞在時の日記に頻繁に登場する藤沢親雄は、戦時下「失われたムー大陸」翻訳に関わった。実は、柳田民俗学はしばしば今ではオカルトや偽史に分類される領域の接近を許してきた形跡がある。

 戦時下、柳田の周辺にオカルトの人々が接近を試みたのは、そのような手本がナチスドイツにあったからで、それが伝奇小説やオカルト雑誌の類ではあまりに有名なアーネンエルベである。ハインリヒ・ヒムラーの下で先史学や民俗(族)学と科学と人種主義、オカルティズムと混然としつつ、強制収容所での人体実験を担いもした、その実在そのものがフィクションであった方が納得する研究機関である。

 ぼくはホラー作家としての関心だったが、それでも戦時下、ぼくの師である千葉徳爾がリアルタイムで感じた柳田民俗学と偽史の「近さ」は気になる。その意味で興味深いのは、アーネンエルベの発足当初、ナチスの農業政策を担ったダレの農民研究のもたらした役割だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン