ライフ

【大塚英志氏書評】疑似科学、陰謀史観研究で暴走 謎の組織

『SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』ミヒャエル・H・カーター・著

【書評】『SS先史遺産研究所アーネンエルベ ナチスのアーリア帝国構想と狂気の学術』/ミヒャエル・H・カーター・著/森貴史、北原博、溝井裕一、横道誠、舩津景子、福永耕人・訳/ヒカルランド/9000円+税
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 柳田國男の戦時下の日記を読んでいくと、いわゆる偽史に関わった人物がしばしば登場する。それより前、大正後期、柳田のジュネーブ国際連盟滞在時の日記に頻繁に登場する藤沢親雄は、戦時下「失われたムー大陸」翻訳に関わった。実は、柳田民俗学はしばしば今ではオカルトや偽史に分類される領域の接近を許してきた形跡がある。

 戦時下、柳田の周辺にオカルトの人々が接近を試みたのは、そのような手本がナチスドイツにあったからで、それが伝奇小説やオカルト雑誌の類ではあまりに有名なアーネンエルベである。ハインリヒ・ヒムラーの下で先史学や民俗(族)学と科学と人種主義、オカルティズムと混然としつつ、強制収容所での人体実験を担いもした、その実在そのものがフィクションであった方が納得する研究機関である。

 ぼくはホラー作家としての関心だったが、それでも戦時下、ぼくの師である千葉徳爾がリアルタイムで感じた柳田民俗学と偽史の「近さ」は気になる。その意味で興味深いのは、アーネンエルベの発足当初、ナチスの農業政策を担ったダレの農民研究のもたらした役割だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト