• TOP
  • コラム
  • コロナで「出社組」と「在宅組」に溝 互いの言い分と不信感

コラム

2020.06.30 07:00  マネーポストWEB

コロナで「出社組」と「在宅組」に溝 互いの言い分と不信感

在宅組と出社組、それぞれに不満があるようで(イメージ)

 コロナ後もリモートワークを継続する会社が多いなか、「出社組」と「在宅組」の間の溝は広がるばかりだ。

「在宅組とウェブカメラで仕事の打ち合わせをしていると、背後からテレビの楽しそうな音が聞こえてくる。ランチを食べる店もなくて困っているのに、『料理をする時間が増えた』なんて能天気なことを言っていて、いい加減にしてほしい」(30代メーカー社員)

 通勤がなくて“楽でいいな”という視線を向けられる在宅組にも、深刻な悩みがある。

「家が狭くて自分用の部屋なんてないから、食卓で仕事をするしかない。落ち着いて仕事に集中できないし、妻にはますます邪魔者扱いされる。出社組に『在宅でいいですね』なんて言われると本当に腹が立つ」(40代金融関係)

 人材派遣サービスを行なうパーソル総合研究所が6月10日に発表した調査結果によると、在宅組は「自分は孤立している」「サボッていると思われないか不安」という感情を抱え、出社組は「不公平だ」「在宅組に仕事を相談しにくい」などの不満を持ちやすいという。

 両者の対立をより深刻にするのが「お金」の問題だ。人事ジャーナリストの溝上憲文氏が語る。

「コロナ禍で急に在宅勤務が始まったため、会社側が在宅勤務環境まで面倒を見るケースはほとんどない。在宅勤務用のデスクやウェブカメラなどはほとんど自腹。在宅組には通信光熱費、電話代なども会社に払ってほしいという不満があるようです。“残業代が請求しにくい”という声もよく耳にします」

 だが、そうした悩みも出社組にいわせると、

「こっちは片道1時間以上かけて通勤している。在宅組が残業代を請求するなら、通勤時間も残業に加えるべき」(50代不動産業)

 ということに。溝上氏が続ける。

「人事評価には『行動評価』と『成果評価』があります。行動評価では、ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)ができているかとか、チームワーク、後輩の指導などの行動を見ますが、在宅組は行動が見えないので行動評価ができない。

 今、各社の人事部門は、どうすれば出社組と在宅組をフェアに評価できるかで頭を悩ませている。在宅組には『正しく評価してもらえるか不安』と感じている人が多い」

 旧来型の評価から抜け出せない企業で、テレワークが定着する日は遠そうだ。

※週刊ポスト2020年7月3日号

関連記事

トピックス