• TOP
  • コラム
  • 1等1億円の「幸運の女神くじ」、最終日待たずに完売の可能性も?

コラム

2020.06.30 15:00  マネーポストWEB

1等1億円の「幸運の女神くじ」、最終日待たずに完売の可能性も?

「幸運の女神くじ」が1等・前後賞あわせて1億5000万円にパワーアップ(イメージ)

 宝くじのイベントや抽せん会で活躍する「第41代・宝くじ幸運の女神」の7名が、今年4月に就任した。その7名が券面にデザインされている「幸運の女神くじ」が、6月24日(水)から7月17日(金)まで、1枚200円で発売中だ。

【画像】宝くじ高額当せん者だけが読める冊子『【その日】から読む本』

 この「幸運の女神くじ」、昨年はブロックくじとして発売され、当せん金額は1等2000万円(前後賞あわせて3000万円)だった。しかし今年は、発売エリアが日本全国に拡大されただけでなく、1等1億円(前後賞あわせて1億5000万円)と、賞金も5倍にパワーアップしている。また、特別賞の2万円が4万本も用意されるなど、当たりやすさも実感できるものとなっている。

 ただし、発売エリアが全国で、発売もユニット単位でありながら「通常くじ」という扱いになり、ジャンボ宝くじのような追加発行はされない。販売最終日を待たずに完売の可能性も十分考えられるので、注意したい。

 ちなみに2001年に誕生した「幸運の女神くじ」は、今年で20年目を迎える。それに因んで、20歳の人と一緒に買ったり、購入枚数を20枚にしたり、「20組のものをください」と言ってみたりするなど、様々な買い方を試してみるのも楽しいだろう(だからといって、当せんしやすくなるわけではないが)。

関連記事

トピックス