• TOP
  • コラム
  • ネット誹謗中傷に著名人が続々と法的措置 それでも書き込む虚しい人たち

コラム

2020.07.04 16:00  マネーポストWEB

ネット誹謗中傷に著名人が続々と法的措置 それでも書き込む虚しい人たち

ネットの誹謗中傷に対して続々と法的措置を取る動きも

 昨今、著名人がネット上の誹謗中傷に対して法的措置を取ることを宣言するケースが増えてきた。具体的に表明したのはメンタリストのDaiGoさん、エッセイストのはあちゅうさん、ブロガーで『あいのり』出身の桃さんなどだ。これまでネットの炎上と誹謗中傷をウォッチし続けてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が考察する。

【表】誹謗中傷、身元特定までにかかる費用

 * * *
 この流れはいいことなんじゃないですかね。DaiGoさんもはあちゅうさんも桃さんももっとやるべきだと思います。雑誌でもネット上の誹謗中傷の問題点は特集されるようになっており、7月2日に発売された『女性セブン』では『この世に誹謗中傷をしていい相手は1人もいない』という特集が掲載されていました。

 同誌に紹介されたのは、プロレスラーの故・木村花さん、アンジャッシュ・渡部建、ジャーナリスト・伊藤詩織さん、大渕愛子弁護士、モト冬樹の妻でミセスモデルの武東由美さん、ツイッターユーザーの深爪さんらの例です。大渕弁護士は、2018年にとんでもない誹謗中傷をブログのコメント欄に書き込んだ人物に対して、発信者情報開示の判決を求めて手続きを進めているそうです。

 これまでのネットの誹謗中傷に関する裁判で書き込みをした人たちが言うのは、ほとんど「軽い気持ちだった」というものです。そして「反省している」と続く。ただね、書き込んだ人は軽い気持ちだったかもしれないけど、書かれた側は相当キツいんですよ。勝手な憶測だけで夫婦仲が悪いだの、子供が不幸せだの公の場で言われて、そこに一切の正当性はない。

 正直、もし自分の身元がバラされたうえで、「あいのり・桃をdisった山●権三郎の年収は? 学歴は? 嫁がブサイクと評判! 過去には会社で横領で解雇疑惑も」みたいな「いかがでしたかブログ」の餌食になったらどう思うか、あらためて考えてみてほしいです。

 はあちゅう氏についてはすでに弁護士とともに開示請求の手続きが完了したようで、そのことを公にしたところ、彼女のもとには謝罪が届くようになったと言います。しかし彼女は謝罪は締め切っていると明かしました。締め切り前に謝罪した人からは二度と匿名で書き込みをしない、といった言質を取ったようです。

 なんなんですかね、「アンチ」って人々は。別に、上記に登場した著名人たちがブログやツイッターに何を書こうが、その人たちの人生に一切何の影響もないのに、名誉棄損で裁判沙汰になるようなことを平気で書き込む。そして、相手が本気を出して身元がバレたら平身低頭謝るだけ。

 だったら最初からそんな書き込みするんじゃねーよ、このチキン野郎、と言いたい。誹謗中傷するなら覚悟を決めてやれよ。そして、訴えられたら「私は正当な批評をしただけであり、誹謗中傷ではない」なんて主張してみればいい。

 そのぐらいの覚悟がない人たちが「著名人が誹謗中傷されるのは有名税♪」なんて気持ちで安易に誹謗中傷しているのがネットの現実です。

『テラスハウス』に出演したプロレスラー・木村花さんが亡くなった時は、ネット上に誹謗中傷は良くない、といった空気が溢れました。それでも、その直後には不倫騒動の渡部建に、猛烈な誹謗中傷が寄せられる。渡部はこれから開示請求する準備してもいいんじゃないでしょうか?

 人の人生はあなたの憂さ晴らしと暇つぶしのためにあるんじゃない、ということをそろそろ理解すべきでは? いつ訴状が自宅に届き、全国に実名報道される日が来るか分かりませんよ。そして、あなたのその書き込みは、あなたに1円ももたらしません。炎上することが仕事につながる側面もある著名人とは違うんです。その無駄な行為に時間を使う虚しい人生はそろそろやめてはいかがでしょうか。

関連記事

トピックス