国際情報

【アメリカ発】マスクで肺炎リスク増加の可能性も

アメリカでは国を二分してマスク賛成派と反対派が論争を繰り広げている(EPA=時事)

 マスクにコロナ感染を予防する一定の効果があることは、すでにWHO(世界保健機関)をはじめ、多くの専門家も認めている。しかし、「マスクをするリスク」については、あまり語られていない。米ニュースサイト「American Thinker」常連執筆者で、先端技術研究に従事するAnthony Ciani博士(哲学)は、見落とされている問題を鋭く指摘する。

 * * *
 マスクは、新型コロナウイルス感染症を広めるかもしれない無症状の人の免罪符になり、感染症を恐れる人たちにとって心理的効果をもたらすだろう。しかし、マスクをすることが悪い場合もあるのではないか。

 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)とWHOは、マスクが咳やくしゃみで排出される飛沫を遮断すると想定しており、おそらくそれは事実である。医師がマスクを着用するのは、患者の上で話す時に唾が飛ぶことで開放創に感染する可能性を減らすためであり、患者が医療提供者の数フィート以内でくしゃみや咳をした時に自分自身を守るためである。適切に装着された器具を使用すれば、特定の狭い区域での感染が75%も減少する。

 一方で、他人の顔に唾を吐いたりすることがほとんどない一般社会において、感染者であっても咳やくしゃみをしない無症状の人がマスクをつけるべきかは難しい問題だ。 2005年の研究では、肺に入ったウイルス粒子は、正常な呼吸によって空気中に吐き出されることがわかった。息を吐きながら手を口の前に持ってくると手につく水分は、顕微鏡で見るには小さすぎる超微細なエアロゾルであり、マスクでは濾過できない大きさである。1ミクロン以下のこれらの粒子は、同程度の大きさの粒子である煙や匂いのように、空気中に無限に浮遊し、その中にウイルスが含まれるのである。マスクをしていても煙の匂いはわかる。つまり、そういうことである。

 皮肉なことに、禁煙法がウイルスの蔓延を助けた可能性もある。レストラン、ホテル、バーはかつて、タバコの煙を除去するために強力な換気装置と電子空気清浄機、またはHEPAフィルターを使用していた。高機能フィルターであるHEPAは、0.3ミクロンの粒子をほぼ完全に除去する効果があるとされる。現代の飲食店やクラブでは、室内の煙を濾過する必要がないため、高機能なものより空気を効率的に循環させるフィルターを使用している。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン