• TOP
  • 芸能
  • 「NiziU」手掛けたJ.Y.Park 日本で“イメチェン”成功か?

芸能

2020.07.21 16:00  NEWSポストセブン

「NiziU」手掛けたJ.Y.Park 日本で“イメチェン”成功か?

「NiziU」を大成功に導いたプロデューサーのJ.Y.Park(写真/AFLO)

 今、日本で大きな反響を呼んでいる9人組ガールズグループ「NiziU」。ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントとの共同オーディション番組『Nizi Project』からデビューした同グループだが、成功に導いたプロデューサーのJ.Y.Parkにも注目が集まっている。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
 今日本で大人気の「NiziU」は韓国でも大きな話題となっている。6月30日にリリースされたNiziUのデジタルミニアルバム『Make you happy』の韓国版MVが7月15日公開されると、たった半日で200万回再生を記録。6月29日に1万9150ウォンだったJYPエンターテインメントの株価は7月20日時点で3万2450ウォンと1.5倍以上上昇し、時価総額は約1兆1100億ウォンを突破した。

 今年1月から始まった『Nizi Project』は、日本だけでなくJYPエンターテインメントのYouTube公式チャンネルでも公開されており、NiziUを応援する多くの韓国ファンがデビューまで見守り続けた。韓国メディアもオーディションの一部始終を報道し、「日本人中心のメンバーがK-POP式トレーニングでデビューする」という初の試みに期待が寄せられていた。

 だが、韓国ファンの間では『Nizi Project』の番組編集に不満の声も上がった。「オーディション参加者よりJ.Y.Parkが主人公みたい」、「J.Y.Park本人が日本でデビューしたくてNizi Projectを企画したように見える」、「誠実さや人間力がクローズアップされすぎ」「 “J.Y.Park名言集”まで登場している」など。さまざまな反応があるなか、特に多かったのが「J.Y.Parkが日本でイメチェンに成功している」といった声だ。

 というのも、私立名門の延世大学出身のJ.Y.Parkは、今でこそ作曲家、振付師、プロデューサーと活躍の幅を広げているが、もともと韓国では有名な歌手である。1994年に発表したソロデビュー曲ですぐに一躍有名になったJ.Y.Parkだが、歌で魅了する“普通の”タイプの歌手ではなかった。デビュー当時は、常にセクシーであることを追求し続けた「型破りな歌手」というイメージで活動していたのだ。

関連記事

トピックス