ライフ

上手な雑談術、基本ネタはメシ・動く・働く・カネ・寝る

雑談力を上げるには?(イラスト/オギリマサホ)

 会社やマンションのエレベーター内で、「ちょっと苦手……」と思っていた人とバッタリ出くわし2人きりに。果たしてここで何を喋っていいのやら、と悩む人もいるのでは──。

「雑談は、得意な人より苦手に思っている人の方が圧倒的に多いんです」と話すのは、心理カウンセラーの桐生稔さんだ。インターネットが普及し、連絡はメールやLINEがメインの昨今、“咄嗟に話す”というスキルが低下しているという。

「雑談とは、読んで字のごとく“雑な話”ですから、本来、どんな内容でもよく、難しく構える必要はありません。ただ、気をつけないと、雑談のせいで人間関係がギクシャクしてしまうことがあるのも事実です」(桐生さん)

 雑談の目的は、話の内容よりも場の空気を温めることにある。しかし女性の場合、何か話そうと焦るあまり、自分の話ばかりして、人の話を聞かないケースが多い。たとえばこんなことはないだろうか。

「ウチの子、スマホばっかり見ていてね…」
「ウチもそうなのよ! ちょうどこの前なんて…」

 などと、相手が話している途中で、自分の話をかぶせてさえぎり、話題を無理やり奪い取る会話泥棒だ。話し始めた人は、フラストレーションがたまってしまう。

「自分の話は、人の話を最後まで聞いた後に、その話題を引き取って始めるのが鉄則です」(桐生さん)

◆話のネタは誰もが毎日やっていることを

 では、話のネタはどう探せばいいだろうか。

「食べること、動くこと、働くこと、お金を使うこと、寝ること。これらは基本的に、誰もが毎日やっていること。この5つに関連する話題を見つければ、話を広げられるはずです」(桐生さん)

 たとえば、食べることのネタなら、「外出自粛で子供が家にいると、お昼ご飯の用意も大変ですよね。最近はどんなものを作っていますか?」、動くことなら、「外出自粛が続きますが、最近、運動していますか?」、働くことなら、「コロナ禍で出勤のシフトとか変わりました?」、お金を使うことなら、「自粛で食費が増えていませんか?」、寝ることなら、「暑い日が続いて眠りづらくありませんか?」などだ。

 ここで大事なのは、自分の話をするのではなく、相手に質問を投げかけること。それで相手が答えれば、話が広がっていくからだ。

 エレベーター内での1~2分程度の雑談なら、質問と回答を2ラリーほどすれば、充分に時間が稼げるはずだ。

「ただし、矢継ぎ早に質問ばかりしていると、尋問のようになってしまうので気をつけてください。自分の話をちょいちょい挟むのがおすすめです」(桐生さん)

※女性セブン2020年8月20・27日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン