芸能

石原軍団 裕次郎と渡哲也の人間性が男たちを引き寄せた

『大都会』ロケ中の1コマ(写真/共同通信社)

「株式会社石原プロモーションの商号を石原裕次郎の仏前に返還する」──そんな宣言とともに、2021年1月16日をもって58年の歴史に幕を閉じると発表した石原プロ。石原プロは、そもそも日活のスターだった石原裕次郎が1963年に設立したものだ。

 1960年代には浅丘ルリ子や黛ジュンなど女性スターも所属していたが、映画の自主制作による負債が膨らみ、経営は窮地に陥っていた。

 しかし1971年、裕次郎に心酔する渡哲也が加入。1972年に『太陽にほえろ!』(日本テレビ系、1972~1986年)で裕次郎がテレビドラマに進出したことで一気に流れが変わる。

 高視聴率を叩き出した『太陽にほえろ!』でテレビの影響力を思い知った裕次郎は、活動の軸足を映画からテレビに移していくことになる。そしてこの頃から、寺尾聰、神田正輝、舘ひろし、峰竜太など続々と若い俳優たちが裕次郎、渡のもとに集まり「石原軍団」が形成されていく。

 ビジネスライクな芸能事務所も多いなか、石原プロは「男気」でつながっていたと、芸能レポーターの石川敏男氏は言う。

「石原軍団は裕次郎さんに惚れた人間の集まり。さらに裕次郎さんを支える渡さんの背中を見て、また惚れる者が生まれた。舘ひろしさんは出会いから今に至るまで渡さんを『親方』と慕っている。

 私が女性誌記者をしていた頃、渡さんが温泉に入っているところをグラビア撮影する仕事があったんですが、いきなり裕次郎さんが『哲ひとりじゃつまんないだろ』と裸で入ってきた。本当にサービス精神旺盛なんです。裕次郎さんに一度会うと、みんな好きになってしまう魅力があった」

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン