ライフ

明石家さんまに学ぶプロの雑談術 「躊躇した方が負け」

あこがれる人も多い明石家さんま(時事通信フォト)

 生きていると別に話したくないけど、なんとなく間をつなぐために話したり、気まずい空気をごまかすために雑談をしたりという機会も多いだろう。でも、いざ話しかけてみたけど、話が続かず、逆に空気が悪くなってしまうこともある。どうにかして、スマートに雑談できるようになりたい!という人も多いはず。

明石家さんまに学ぶプロの雑談術

 雑談力をつけたいなら、しゃべりのうまい人の例を見習うのもおすすめだという。たとえば、おもしろい話ができるお笑い芸人だ。

「雑談上手とは会話のキャッチボールがうまい人だと思うんです。お笑い芸人の中で、それがもっともうまいのが、明石家さんまさん。彼にかかると、どんな人との会話でもおもしろくなります」

 とは、多くのお笑い芸人の会話術を間近で見てきた放送作家の田中イデアさんだ。

 語彙力や機転、空気を読む力などは、一朝一夕では真似できないが、すぐに活用できる技もあるという。

「大きな声で話してよく笑うなど、大きなリアクションをとることです」(田中さん)

 たとえば、スーパーマーケットで苦手な人を見つけたとき、隠れたり、あいさつだけしてやり過ごしていませんか? そんなときはこうしてはどうかと田中さんは言う。

「さんまさんを真似て、大きな声で元気に、“おはようございます~! 朝からやかましくてすみませんね~!!(笑い)”などと言ってみる。ただのあいさつですが、表面上だけでも明るく楽しい雰囲気を心がけると、“あの人の雰囲気いいよね”“話しやすそう”と、相手から話したくなるような状況に持っていけます。何も上手なトークをしなくてもいいんです。相手に話したいと思わせる雰囲気をつくることも大切です」(田中さん)

 会話のテンポも重要だ。

「あるとき、さんまさんがプライベートで声をかけられました。相手は一般人でしたが、“お~、久しぶり”と答えたんです。相手が“いえ、はじめましてなんですけど…”と返すと、“なんやねん!”と即座にツッコミ、周りを笑わせてくれました。さんまさんの場合、会話においては、躊躇した方が負けみたいなところはありますね」(田中さん)

 たとえば、「いまからどこへ行くんですか?」と聞かれて答えたくないとき、「いえっ、別に…」と躊躇してしまうと、聞いた相手にまずいことを聞いたかなと気を使わせてしまう。雑談は内容がなくても、その場を明るく楽しい雰囲気にすればよいので、「ちょっとそこまで!」と明るく返せばいい。「銀行に振り込みに行く」など、真面目に真実を答える必要はない。意味がない言葉でも、テンポよく返すだけで楽しい雰囲気になり、雑談は成り立つのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン