ライフ

京大生ホステス 恋愛偏差値の上げ方と「私が崇拝する人物」

「恋愛とホステスの仕事は共通する部分がある」と語る灯諸こしきさん。奥に見えるのは京大キャンパス。

「恋愛は受験と同じ。少し頭を使うだけで上手くいく」。京都大学に通いながら、大学費用を稼ぐために、京都・祇園の高級クラブで働いてきた灯諸(とうもろ)こしきさん。多くの男性を見てきた経験と、独自の分析を基にまとめた恋愛の教科書『京大生ホステスが教えます。99%の男がしていない恋愛の超基本』(SBクリエイティブ)が話題を呼んでいる。noteの連載で人気を集め、“恋愛は趣味”と語る異色のホステスが教える、恋愛偏差値の上げ方とは。コロナ禍で新しい出会いが少ない今は、再び動き出す日に向けて学ぶチャンスの時機かもしれない──というわけで、灯諸こしきさんに話を聞いた。

 * * *
◆「生涯結婚しない」と宣言している友人へ

──男性向けの恋愛指南書を出されました。きっかけは何でしたか?

 京大に入って、恋愛に対して負の感情を持っている男性が多いことを知ったんです。知り合いに、「生涯結婚しない」と宣言している男性もいます。もちろん、恋愛は人生に必須ではありません。ないほうが快適に生きられるケースもあります。でも、一度は、試してみてほしいと思うんです。結婚しないと宣言している友人だって、女性を好きになることはあると言うんですね。ただ、見つめて終わってしまうと言う。それはもったいないなあと。頭もいいんだし。それで、彼みたいに恋愛を遠ざけている人が、恋愛してみようかな、と一歩踏み出してくれるような本を書こうと考えたんです。

──ホステスの経験や、ご自身の恋愛経験から、「恋愛偏差値は上げられる」と仰っています。

 人に好かれて選ばれるには、頭を使ったり、ちょっとしたコツを知っている必要があります。そういう意味では、恋愛とホステスの仕事は共通する部分があると思います。頭のいい方がママになられたりしますし。

──こしきさんも、高級クラブで「頭がいい」「どんな話にもついてくる」と評判になり、1年もすると、お店のNo.2の座に着いていたとか。

 みなさんがそう思われていたかはわかりませんが、とくに夜のお店で飲むことに慣れていらっしゃるお客さんは、可愛い子や綺麗な子をさんざん見てきているから、顔はもう大丈夫、みたいな感じなんです(笑)。美人ゾーンを通った後に、話ができるゾーンに来るというか。私は容姿がいいわけでも、ノリがいいわけでもないので、話のできるホステスを好む人に付くことが多かったですね。

──具体的に、どんな話をすると喜ばれるんですか?

 弁護士や司法書士など、士業の先生がけっこう来られるんですが、会話中に、「その話、授業で聞いたことがあります」といった感じで、障りの知識を伝えたら、よく知ってるね、と喜んでくださったことがありますね。大学の授業が役に立っています(笑)。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン