• TOP
  • 国内
  • 藤井棋聖が唯一勝てない男「豊島竜王」は何が凄いのか

国内

2020.08.16 07:00  週刊ポスト

藤井棋聖が唯一勝てない男「豊島竜王」は何が凄いのか

初勝利なるか(写真/共同通信社)

 快進撃を続ける藤井聡太棋聖(18)。勝てば「二冠」となる王位戦の第4局が8月19、20日に開催される。棋聖戦を制し、30年ぶりに史上最年少タイトル獲得記録を更新したばかりだが、二冠となれば1992年に羽生善治九段(49)が記録した最年少記録「21歳11か月」を大幅に更新することになる。

 勢いを見せる藤井棋聖だが、“天敵”がいる。豊島将之竜王(30)だ。藤井棋聖はプロ入り後、豊島竜王と4回対局して4連敗中。

 最後の対局は昨年10月の王将戦決勝リーグ2回戦で、次は9月12日のJT杯で対局が決まっている。関係者が注目する対局について、将棋ライターの松本博文氏はこうみる。

「これまでの実績と格だけを見れば豊島竜王が連勝しているのは“順当”とも言えます。ただし、藤井棋聖はこの1年でさらに強くなり、実力相応にタイトルも獲得。どちらが勝ってもおかしくありません」

 豊島竜王は、9歳の時に史上最年少で奨励会に入り、「史上初の平成生まれのプロ棋士」と注目を集めたが、そこから壁に当たる。

関連記事

トピックス