芸能

石田純一「ママ友の中には我々を悪く言う人もいるでしょう」

囁かれる離婚危機の真相は?(写真は6月)

「離婚? それはないと思いますけど…」。8月17日、自宅前で本誌・女性セブン記者の直撃に答える石田純一(66才)の表情は険しかった。

 今年4月、石田は緊急事態宣言が出ている最中に沖縄県入り。ゴルフをプレーした上に新型コロナに感染し、大バッシングにさらされた。だが、懲りずに今度は7月に福岡県でゴルフと宴会に興じ、その宴会後には同席した女性を“お持ち帰り”したと報じられた。これに石田は猛反発しているが、妻の東尾理子(44才)との離婚まで囁かれる最悪の事態になっている。

「そもそも理子さんは沖縄に行くことを反対していたんです。それでコロナに感染したことで、“考え方が全く合わない”と理子さんは激怒。離婚危機とまでいわれたのに、福岡で同じようなことをして…夫婦仲は最大のピンチでしょう」(芸能関係者)

 理子は、石田が4月にコロナに感染して以降、SNSの更新を4か月以上もストップ。沈黙を貫く彼女はいま、冷静に将来を見据えているという。

「賢い人ですから、仕事が減っている石田さんの現状を見て、いま離婚することは得策ではないと判断しているみたいですよ。長男の理汰郎くんもまだ7才で、下にも2人いる。これからお金が必要ですからね。石田さんに離婚を突きつけるのではなく、“とにかく貯金しておいて!”と口を酸っぱくして言っているみたいです。1か月くらい前に別荘を売ったのも、将来を考えてなんでしょう」(理子の知人)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン