芸能

TOKIO城島茂「コンビニにも感染防止手袋」の強い責任感

Tシャツ姿が目撃された城島茂

 7月末、都内のコンビニエンスストアから、Tシャツ短パン姿の男性が、両手に買い物袋を下げて現れた。黒いキャップとマスクを着用しているにもかかわらず、そのシルエットとオーラだけで誰かと分かってしまう。先日、株式会社TOKIOの社長就任を発表したTOKIOのリーダー・城島茂(49才)である。

 店内で居合わせた40代女性客は「食材と日用品を買い込まれていました。コロナの感染対策なのか、両手に半透明の手袋をつけていて、生まれたばかりのお子さんへの気遣いなのかなぁって思いました」と明かした。

 昨年9月に24才年下の元グラビアアイドル・菊池梨沙(25才)と結婚。今年2月中旬に第一子となる男児が生まれた。城島を知るあるテレビ局関係者は「ずっと育児にも積極的に協力されているようです。もともと家事も得意な方ですしね」と話す。

 情報番組『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)のメインキャスターも務めている城島。手袋は、新型コロナウイルス感染予防への細心の注意なのだろう。まさに家族にも仕事に対しても、人一倍の責任感の証しといえそうだ。

 SMAP時代の中居正広(48才)、V6の坂本昌行(49才)、嵐の大野智(39才)と「リーダー」と呼ばれる人たちは、ほかにもいるが、その中でも「リーダー=城島」の印象が、最も強いのではなかろうか。

 別のテレビ局ベテランプロデューサーは「強いリーダーシップで引っ張るタイプじゃない。ましてや怒ることもなければ、センターで前に出張るタイプでもない。それが、逆に個性の強いアイドルチームの中で緩衝材となり、仲間を引き立たせる役回りにつながっている。だから信頼されるわけです」と絶賛する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン