コラム

清水国明、4度の結婚経て「最高の終の棲家」を手作りで建設中

自身を「遊牧民」と話す清水国明。終の棲家も手作りで

 人生100年時代。自分が最期を迎える「終の棲家」は、どのように決めたらよいのだろうか。多くの人はまず住まいを構え、そこを拠点に残りの人生を構築しようと考える。だが、タレントの清水国明(69才)は、「定住」は好きではないと訴える。

【写真】清水が手がけた瀬戸内海の無人島キャンプ場「ありが島」での1枚

「ぼくは『趣味は結婚、特技は離婚』をモットーに4回結婚して、嫁さんを変えるたびに住まいを変えています(笑い)。そのときの年齢、仕事、子供、嫁などいろんなカテゴリーが変化すれば住居は変わっていくもので、住まいを固定するという考えがない。食べ物がなくなれば羊を連れて移動するという遊牧民の生き方です」(清水・以下同)

 清水の人生は変化の連続だ。1973年にフォークソングデュオ「あのねのね」で芸能界デビューした後、オートバイレースやアウトドアライフに力を注いだ。私生活では結婚と離婚を繰り返し、2018年に25才年下の一般女性と4度目の結婚をした。

 アウトドアライフを愛するだけに、自宅は「手作り」+「自然」が基本となる。

「住まいは自分で造り、これまで全国にログハウスを17棟建てました。ひとりで建てた家もあるし、仲間と建てた家もあります。ぼくの場合は家を持つことが目的ではなく、そこを拠点にどういう生活を展開するのかが大切です。魚釣りやトレッキングをして川や海で遊んだり、地場の物産展をやったりすることが楽しいんです。

 ぼくのような人間は、便利な都会では借りてきた猫のような存在です。東京の家で棚を手作りしても『IKEAの方が安い』と言われてしまう。でも、何もない自然の中なら、寒ければ火を起こし、雨が降れば屋根を造り、お腹が空いたら川で魚を捕れる。誰でも何かのエネルギーを持っているけれど、ぼくは自然の中にいると力が湧くんです」

 現在、清水は千葉県鴨川市に終の棲家を建設中だ。

「ちょうど仲間が30人ほど集まって鬱蒼としたジャングルを切り開いたところで、地震にも火事にも強いログハウスを造ろうと思っています。どんな粗末なものになっても、自分が作ったものなら満足できるでしょう。だからこの家も手作りです」

 人生を過ごす最期の場所をすべて自分の手で作るというのは、1つの理想の形であり、最高の贅沢かもしれない。

 そこで清水が目指すのは、「友達や仲間が気兼ねなく訪ねて来る家」だ。

「かつて読んだ本に『死ぬ瞬間、友達をもっと大切にしておけばよかったと後悔することが多い』とあり、友人や仲間が気兼ねなく訪れる家が大切と思うようになりました。自慢したり気を使わせたりする場所ではなく、友達が気持ちよく訪ねて来られる家こそが、最高の終の棲家です」

 末っ子の息子が成人する頃、清水は87才。息子に父の背中から「生きる力」を学んでもらうため、終の棲家では、できるだけ長く一緒にいたいのではないか──そう問うと、清水はいたずらっぽく笑って答えた。

「いやいや、建設中なのはあくまで“現時点”の終の棲家です。嫁さんが変わったら、また造り直すかもしれません」

 終の棲家に固執しすぎない。そんな余裕も、最期まで楽しく人生を過ごすためには必要なのかもしれない。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス