• TOP
  • コラム
  • リボ払いで陥る自己破産への道 意外にも看護師の相談が多いワケ

コラム

2020.10.09 07:00  マネーポストWEB

リボ払いで陥る自己破産への道 意外にも看護師の相談が多いワケ

ストレスからリボ払いの沼にハマることも?(イメージ)

“コロナ前”の生活に一歩ずつ近づきつつある一方で、経済の冷え込みは雇用や収入に大きな打撃を与えている。給料は減っているのに、家にいる時間が長くなったことによってネットショッピングなど出費が加速。最初は数万円分だけのショッピングのつもりだったが、段々とエスカレートしていき、自己破産予備軍になる女性もいるという。司法書士法人杉山事務所の杉山一穂代表が指摘する。

【図解】平均年収186万円、日本に930万人いる「アンダークラス」とは

「そうしたかたはたいてい、複数のカードでリボ払いに手を出しています」

 リボ払いとは、クレジットカードでどれだけ高価なものを購入しても、毎月の支払額を一定額にする支払い方法だ。10万円の買い物をしても月1万円の支払いで済むため、別の買い物をする余裕が生まれる。

 一見、気軽な支払い方法にも感じられるが、買い物を重ねるといつまでたっても支払いが終わらないどころか、利息(手数料)が膨れ上がり、毎月利息分だけ払って元本が残り続ける負の連鎖が続いてしまう。

「ここから抜け出せない女性は本当にたくさんいます。リボ払いにするとポイント還元率がよくなったりキャッシュバックがあるなどの文句に誘われて、リボ払いに足を踏み入れてしまう女性が多いです。金融機関も商売ですから、垣根を低くしているんです」(杉山さん・以下同)

 相談に来る女性のなかには、意外にも看護師が多いという。

「看護師はもともとストレスの多い職業で、買い物で憂さを晴らすかたが多いですし、収入が安定しているためカードの上限枠も高い。気づいたら、信じられない借金がかさんでいたということになりかねないのです」(杉山さん)

 こうした悲劇を防ぐため、消費者金融系のキャッシングでは、年収の3分の1以上を貸してはならないという法律がある。しかし実態は抜け穴だらけだ。

「銀行系のカードローンはこの法律の対象ではありません。リボ払いも同様です。銀行系だから安心、クレジットカードだから安心と思っていると、痛い目を見ることになります」

 そう語る杉山さんのところには、年収の2倍近くに膨れ上がった借入金に悩む女性も訪れるという。

 決して人ごとではない自己破産への道。まずはその入り口に立っていないかをセルフチェックしてみよう。杉山さんは「お金に無頓着な人が借入地獄に陥りやすい」と言う。

「自分の預金額を把握していない、今月のカードの支払額がどのくらいか知らない、といった場合です。ほとんどの相談者が、最初に口にする借入金と、調べてわかる実際の借入金には開きがあります」

 また、限度額ギリギリまでキャッシングをしていたり、リボ払いをしているクレジットカードが2枚以上ある場合も、即座に手を打った方がいい。

 まだ最悪の事態には陥っていなくても、「私は自己破産予備軍かも」と自覚があるのなら、知らず知らずのうちに借金を抱えてしまわないよう、早めの対策が大事である。

「不便でも、クレジットカードの利用を止めること。通販サイトではプリペイドカードでの支払いを受け付けているところも多い。買った分だけ払うのではなく、払える分だけ買うという習慣を身につけましょう」

 それでも、引き返せないところまで来てしまったら。杉山さんは念を押す。

「とにかく、頑張ろうなどと思わないで、利息分をカットして現実的な返済の道を探る任意整理を選ぶことです。また、家族に隠したいという気持ちも理解できますが、自己破産するとなったら絶対に隠し通すことはできないので、その手前の任意整理の段階で家族に頼りましょう。ひとりではいつまでも返せないと感じる金額も、家族の助けがあれば、なんとかなるケースがあります」

 あなた自身や、あなたの近くにも、コロナ禍で気づかぬうちに自己破産予備軍がいるかもしれない。

※女性セブン2020年10月15日号

関連記事

トピックス