ライフ

オーディオブックの効用 能動的に聴くことで脳が活性化

リラックスしながら、耳はしっかり聴くことに集中

 読書の秋。とはいえ、高齢になると細かな文字を追うのも億劫になるものだ。そんなときには「聴く」という手もある。朗読、落語などをCDやインターネット配信で楽しむオーディオブックだ。

 2015年には配信会社と大手出版社が連携し、オーディオブック普及などを図る日本オーディオブック協議会も発足し、耳で楽しむ作品の幅もどんどん広がっている。また、集中して聴くことで脳も活性化するという。加齢の衰えに負けず、耳をしっかり使い続けることをすすめる川越耳科学クリニック院長・坂田英明さんに聞いた。

意識的に聴こうとする姿勢が脳を刺激する

「音が耳に入ってきて聞く のは英語で“Hear”。どちらかといえば受け身。意識して聴くのは“Listen to”と、方向を表す前置詞がついて目的が明確、能動的です。音楽でも人の話でも聞き流すとあまり刺激になりませんが、能動的に聴くと脳が活性化し、心身にも好影響があります」

 と坂田さん。耳から入ってくる音は電気信号になって脳幹を通り、記憶の倉庫である海馬や情動を司る扁桃体がある大脳皮質に至る。ここに蓄積されている情報と照らして分析され、初めて入ってきた言葉の意味や音の情感が認識されるという。“能動的に聴く”とは入ってくる音に集中し、聴き込むこと。これが繰り返されることによって脳血流も促されるのだ。

「聴覚は特に脳幹と密接なかかわりがあります。脳幹はどこから聞こえるかを感じる方向感を司り、背後から来る危険を察知したり、騒々しい場所でも特定の人の話を聴き取ったりすることもできます。また呼吸や睡眠、血液循環など重要な機能も担うので、しっかり聴くことで体を整え、記憶・集中・理解・発想などの能力も高めます。年を重ねるとどうしても聴力は衰えてきますが、補聴器なども利用してぜひ“よい聞こえ”を維持してください」

 ちなみに3~4人が気ままにしゃべる井戸端会議は格好の聴力トレーニングだという。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
綾瀬はるか
《SixTONES ジェシーが真剣交際》綾瀬はるか「異例の事務所コメント」過去の熱愛報道と一線を画す理由 見えてきた“まっすぐ”な愛
NEWSポストセブン
綾瀬はるかとの熱愛が発覚したジェシー
《綾瀬はるかと真剣交際》SixTONESジェシー「プライベートはお任せください!」「ズドン」異例コメントに見えた「ファンへの思い」と「ユーモアたっぷりの誠実さ」
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン