ライフ

慢性的な「かゆみ」 重大な肝臓疾患が原因の可能性も

ただの虫刺されと思って放置していたら大変なことになるかも(写真/GettyImages)

 本格的な秋の訪れを感じるようになり、肌寒い日も増えた。季節の変わり目には気温や湿度の低下によって、肌も敏感になりがちだ。特に秋は“秋の肌枯れ”ともいわれるほど夏のダメージが遅れてやってくる要注意な時期。実際、2018年にドクターシーラボが行った調査によれば、「秋冬に肌トラブルを起こしたことがある」と回答した人は約7割に及んだ。加えて、いまは“マスクによる肌荒れ”の可能性もある。

 あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんは「今年の秋は、例年よりも肌の不調を感じやすい」と指摘する。

「これまでと違って、マスクをつけて過ごさなければいけないので注意が必要です。ただでさえ空気が乾燥するうえに、マスクの刺激が加わって肌トラブルが起きやすくなることが懸念されます」

 一口にトラブルといってもさまざま。前出のドクターシーラボの調査によれば、最も多いのは「かゆみ」で、悩んでいる人は8割以上もいるという。

 多くの場合、肌のかゆみは一時的な肌荒れや不調のことが多い。しかしその陰に、命にかかわる病が潜んでいることがある。

 誰でも皮膚にかゆみを感じることはあるが、その原因のほとんどは、体に合わない化粧水などを使っていることで起きる“慢性的な炎症”だ。

 柴さんは「皮膚や髪につけるものをすべて疑う」と話す。

「シャンプーや洗顔フォーム、ファンデーションなどのコスメが原因で、炎症を起こしているケースがほとんどです」(柴さん)

 これからの時期は乾燥しやすくなるため、症状が肌に出やすい。亀谷診療所院長で総合診療医の亀谷学さんが言う。

「皮膚が乾燥すると、皮膚の表面が傷つき肌の感覚が過敏になり、かゆみを感じやすくなります。水仕事をする女性は、乾燥に洗剤の刺激が加わり、皮膚は肥厚し、強いかゆみを訴える手湿疹になることがあります。アトピー性皮膚炎も乾燥によって悪化します」

虫刺されかと思ったら肝機能が低下していた

 単なる乾燥や“顔や体につけるもの”に原因が見いだせなければ、いよいよ体の内部からくる病気を疑うべきだ。皮膚そのものに原因があるのではなく、臓器に生じる不調や病が、皮膚に表れることがあるからだ。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン