• TOP
  • スポーツ
  • 高橋尚子、小出監督の練習を回顧 「やめさせて」と直談判

スポーツ

2020.10.13 07:00  女性セブン

高橋尚子、小出監督の練習を回顧 「やめさせて」と直談判

「負ける気がしなかった」というシドニー五輪では、表彰台のいちばん高い場所で、トレードマークの”Qちゃんスマイル”を見せた(共同通信社)

 2000年に行われたシドニー五輪マラソンで、金メダルを獲得した高橋尚子(48才)。Qちゃんの愛称で親しまれてきた彼女が陸上と出会ったのは、中学生のころ。陸上部で800mを中心とした中距離の選手となり、中学2年生で出場した岐阜県大会の新人戦で初優勝した。その後、スポーツ強豪校である県立岐阜商業高校に推薦で入学。陸上部の監督だった中澤正仁さんと出会う。

 中澤監督の指導を受けた後は、大阪学院大学に進学。ここでも中距離の選手として活動していた。大学卒業後は陸上をやめ、教師になるつもりだったが、名将・小出義雄監督(享年80)との出会いが人生を一変させる──。高橋さんが、当時を振り返る。

 * * *
 商業課程の先生になろうと母校で教育実習も受けました。でも、教壇に立ったときにふと、「この先、どうしよう」と思って。教師になるのが嫌になったわけではありませんが、もう少し陸上を続けたいという思いがふつふつと湧き上がってきたんです。

 それで、大学時代に一緒に練習させてもらっていた実業団にお世話になろうと中澤先生に電話をしたら、「3年くらい続けるみたいな気持ちで行くならやめろ」と言われました。

「やるなら日本一になるくらい高い志を持って進まなければ、成功しない。たとえば、小出監督に見てもらうとか……」って。このとき、初めて小出監督の名前を知りましたが、その後、中澤先生から小出監督のエピソードをたくさん聞いて、そんなにすごい監督ならお会いしたいと思うようになり、大学の監督にお願いして連絡をとっていただいたら、運よく近くに来ていらして、ある日の朝食前に30分だけ会ってもらえることになったんです。

 でも、いざお会いしたら、「残念だけど、うちは企業の方針として大学生はとらないんだ」と言われてしまいました。就職浪人だと諦めかけていましたが、お会いしたことで、ますます監督の指導を受けたくなり、「なんとか合宿に参加させてもらえませんか」と必死でお願いして、北海道で行われた10日間の合宿に自費で参加することができたんです。

 合宿では、自分でもこんなに頑張れるんだと思うくらい必死に練習をしました。すると、最終日に監督に呼ばれて、「給料は安くなるけど、契約で来るかい?」と言われ、「もちろんです!」と答えました。

 この出会いが私のすべてでしたね。オリンピックで金メダルを獲ったことよりも、小出監督に巡り合わせてもらえたことが、私の人生の最高の瞬間だったと思います。

関連記事

トピックス