芸能

3時のヒロイン・福田麻貴、女優として飛躍 背景は「薄味」

トリオでの立ち位置は真ん中(所属事務所ホームページより)

 お笑いトリオ・3時のヒロインでリーダーを務める福田麻貴(32)が、日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)に女優として初のレギュラー出演を果たして注目を集めている。お笑い界の新星として活躍する彼女は、テレビドラマや映画の世界でどのようなポテンシャルを発揮できるのだろうか。

 10月11日から放送スタートした『危険なビーナス』は、俳優の妻夫木聡が主演を務める恋愛サスペンスドラマ。東野圭吾の同名ミステリー小説が原作で、妻夫木演じる独身獣医の主人公・手島伯朗が、異父弟の失踪事件をきっかけに、亡母の再嫁先の遺産をめぐる謎に挑んでいく物語だ。ヒロインとして、女優の吉高由里子が演じるミステリアスな美女・楓(失踪した弟の妻)が登場する。

 福田は看護師でシングルマザーの永峰杏梨役として出演。末期がんのため寝たきり状態となっている主人公の義父を専属で看護するという役どころだ。レギュラー出演のオファーが来た時の心境について、彼女は「絶対にドッキリだと思っていました(笑)」とコメント。また「杏梨が持つ哀愁をじんわりと表現できたらなと思っています」と意気込みも語っていた。

 昨年12月に実施された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝して以降、一気に人気若手芸人の仲間入りを果たした3時のヒロイン。バラエティ番組に出演するほか、とりわけリーダーの福田は今年5月に女優として深夜ドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK)にゲスト出演するなど活躍の場を広げてきた。

 そんな彼女は、もともと吉本興業に所属するアイドル・グループ「つぼみ(現・つぼみ大革命)」の1期生として活動していたことが知られている。2014年に卒業するものの、現在もつぼみ大革命のネタを手がけるなど交流は続いているようだ。福田のポテンシャルについて、お笑い評論家のラリー遠田氏はこう評価する。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン