• TOP
  • 芸能
  • フワちゃんブレークで再確認 嫌われないタメ口女性の歴史

芸能

2020.10.19 07:00  女性セブン

フワちゃんブレークで再確認 嫌われないタメ口女性の歴史

タメ口キャラで大ブレークしたフワちゃん(YouTubeより)

 テレビで見ない日はないほどに、大人気のピン芸人・フワちゃん(26才)。その特徴ともいうべきものが“タメ口”だ。そして、フワちゃん以前にも、”タメ口”を操り、テレビで人気を得たタレントもいたのだ。フワちゃん人気の裏側と、テレビ界の”タメ口”タレントの歴史について、放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *

黒柳徹子サンにもタメ口。「たけし」「さんま」と呼び捨て

 自称「コロナの申し子」フワちゃんのブレークが止まりません。ちなみに「〜申し子」の理由は、春先、新型コロナウイルス感染拡大のため、収録やロケなどのスケジュールが軒並みストップしてしまったテレビ界にあって、フワちゃんだけは仕事が減らなかったからなのだとか。

 大手芸能プロダクションをクビになってから完全なるフリーランス。現在はスタイリストさんが付いたといいますが、スポーツブラ、タンクトップにミニスカートやホットパンツというコスチュームは当初、自前で、スマホと自撮り棒片手に単独行動しているフワちゃんには、局側も声をかけやすかったのだと思います。

 もちろん、登録者数73.9万人(10月12日時点)を誇るユーチューバーとしても“先行”していたフワちゃんですから、発信力があってトレンドにも敏感。もともとコンビで芸人さんをしていたので頭の回転の速さや確かなリアクションにも定評があり、しかも瞬発力があって、出てきた途端にスタジオを温めることができるのです。番組の企画会議で「フワちゃん」の名前が挙がるのは当然と言えましょう。

 そんなフワちゃんは篠原ともえサン(41才)に憧れていて、幼少の頃から“シノラー”だったといいます。9月5日には、篠原サンがパーソナリティーを務めるラジオ番組『東京プラネタリー☆カフェ』(TOKYO FM)での初対談が叶いました。

 そのときの様子というのが、「おはぴよー! フワちゃんで~す。来たよ~」「篠原さんから呼んでくれるなんて、マジヤバイ」「だって私、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でも(シノラー時代の)写真を出したんだから」と長年憧れていた篠原サンに対し、タメ口!

 そういえば黒柳徹子サン(87才)に対してもそうだったし、CMで共演した小池百合子東京都知事(68才)にもタメ口でしたっけ。ビートたけしサン(73才)にも明石家さんまサン(65才)にも「たけし」「さんま」と呼び捨てです。

 そういえば、前事務所をクビになった原因も、オーディションに行ったTBS内でダウンタウンの松本人志サン(57才)の楽屋を見つけ、挨拶に行こうとしたのをスタッフに止められていた際、所属事務所の重役さんに悪態をついたからだといわれています。とにかく大物を前にしても動じず、奔放な言動のままで徹底してタメ口。それでも憎まれず、視聴者にも共演者にも大物にも失礼だと思われないのは“お人柄”だと思います。

 何度か共演させていただいていますし、テレビ局ですれ違うことがしょっちゅうあるのですが、いちばんに感じることは、彼女の頭のよさ。私が担当している番組や出演している番組のことをちゃんと認識してくれていて、「来週、(番組に)行くよ〜」「よろしくね〜」などと声をかけてくれるのです。

 そうかと思えば、「○○(←某大物)にアッタマ来ちゃったからテンション下がっちゃった。ごめんね~」などと、けっこうキチンとしてもいます。タメ口と人柄のギャップから、そう見えているだけかもしれませんが(苦笑)。

関連記事

トピックス