• TOP
  • ライフ
  • サザンファン垂涎のお宝「桑田佳祐と原由子の結婚記念品」

ライフ

2020.10.29 07:00  女性セブン

サザンファン垂涎のお宝「桑田佳祐と原由子の結婚記念品」

メンバーの素顔を伝えるべく、ファンが本人たちを取材した。手書きの文字で、「原坊はなぜピアノをひくようになったのですか?」など初々しいQ&Aが掲載されている。NO.7まで続いた(写真/長坂浩さん提供)

 デビュー42年にして、今もなおファンが増え続けている国民的バンド「サザンオールスターズ(以下「サザン」)」。その熱烈なファンで、ファンクラブの会員番号「18」を持つ長坂浩さん(58才)はファンの間で「伝説のファン」と呼ばれているという。そんな長坂さんに、お宝グッズを紹介してもらうとともに、サザンの思い出や魅力にについて語ってもらった。

 * * *
 デビュー当初はファンが事務所に自由に出入りできていたので、ファンクラブの印刷物を作ったり、封筒に冊子を詰めるお手伝いをしていました。

 桑田(佳祐)さん(64才)をはじめとするメンバーの皆さんもヒョコっと事務所に立ち寄り、ファンと会話を交わされる機会もありました。初期のファンたちがそんなタイミングで「ファンクラブ通信を作りたい」と言って、「いとしのTokyo支部」という集まりを立ち上げました。もちろん、あの名曲『いとしのエリー』にちなんだ命名です。ほかにも、関西など全国に支部があったように記憶しています。

取材時の様子を収めたアルバム

 Tokyo支部では、ファンたちが記者・カメラマンとなってサザンの活動やインタビュー記事を作っていました。私は写真の腕を買われて撮影担当に。

 事務所公認で、1979年12月に行われた後楽園球場サーカステント(東京・文京区)でのコンサート「Further on up the Road」の撮影をさせてもらいました。スタッフとして、ライブリハーサルを生で見られる貴重な体験でした。

 また、支部の部長・副部長が桑田さんたちに「次のアルバムの聴きどころ」などについてインタビューをし、その撮影を私がしていました。桑田さんは、ちょっとおどけて事務所の電話の受話器を取りながら、「はい、サザンオールスターズファンクラブです」などとスタッフのような格好で撮影に応じてくれたのがいい思い出です。

関連記事

トピックス