国際情報

米大統領選・現地フォトレポート 熱狂するトランプ信奉者

トランプ支持者は何を思う…(AA/時事通信フォト)

トランプ支持者は何を思う…(AA/時事通信フォト)

 アメリカ大統領選の主役は、トランプでもバイデンでもなく彼らだったのかもしれない。その“暴力的熱狂”は今後どこへ向かうのか──1年前に渡米し、大統領選を現地取材してきたジャーナリスト・横田増生氏がフォトレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 混乱をきわめた大統領選挙は、ようやく投票を終えた。トランプが3月、新型コロナのため国家非常事態を宣言して以来、目玉イベントの民主党や共和党の党大会さえも、オンラインに切り替わった。

 コロナはその後、大統領選挙の大きな論点になり、トランプは自らの失政を言い繕うのに終始した。トランプは、消毒液を体内に注射することでコロナが消えるというデタラメを語り、多くの国民の顰蹙を買ったこともある。10月にはトランプ自身がコロナに罹患するという“オクトーバー・サプライズ”を引き起こした。

 コロナの患者数や死者数が増えるにしたがって、その悪影響を一番被る高齢者たちがトランプ支持から離れていった。

 しかし、トランプ信者たちは「コロナの数字はかさ上げされている」と口をそろえる。理由を尋ねれば、「死者をコロナ患者と申告すれば、医者が1人につき相当のお金がもらえることになっているからだ」と。これはトランプが選挙戦終盤で何度も繰り返してきた陰謀論。

 コロナと並んで選挙の論点になったのが、人種問題だ。5月にミネソタ州で黒人男性が白人警官に8分以上にわたり膝を首筋に落とされ、窒息死した事件が起こった。これにより、「制度的人種差別」が選挙戦のもう1つの争点として浮上した。

 制度的人種差別はない、とするトランプとその支持者たち。トランプは「法と秩序」という強硬な看板を掲げることで、問題を鎮静化しようとした。対するバイデンは、初の黒人副大統領候補となるカマラ・ハリスと組むことで黒人票固めを狙った。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン