• TOP
  • スポーツ
  • 田中マー君「日本球界復帰」なら巨人vs楽天が大銭闘開始!?

スポーツ

2020.11.25 16:00  NEWSポストセブン

田中マー君「日本球界復帰」なら巨人vs楽天が大銭闘開始!?

凱旋するなら楽天が本命と見られているが

凱旋するなら楽天が本命と見られているが

 日本シリーズが終われば、いよいよストーブリーグが本格化する。日本シリーズでは初戦で敗戦投手になり、口惜しい結果に終わった巨人のエース・菅野智之のポスティングでのメジャー行きが注目されるが、ウルトラCと見られていた話が現実味をもって語られる背景には、ヤンキースとの契約を満了し、フリーエージェント(FA)となった田中将大・投手の日本球界復帰説があるという。

「菅野のメジャー行きにOKを出したのは、今も球団経営に絶大な発言力を持つ渡邉恒雄・元オーナー(読売新聞主筆)だと言われています。ただし、渡邉さんは菅野を放出するならば、かわりに田中を獲得できないか、とフロントに条件を出したと言われています。今オフのFAの目玉と見られていた中日の大野雄大・投手は早々と残留が決まってしまい、菅野の穴を埋めるようなエース級の補強は選択肢が限られているから、田中の名前が出たのでしょう」(読売新聞関係者)

 とはいえ、田中がヤンキースと結んでいた契約は7年164億円という日本球界ではあり得ない金額だった。今回は大幅にダウンすると見られるものの、3年40億~50億円くらいが相場とも言われ、巨人といえども簡単に出せる金額ではない。

「ヤンキースと同じくニューヨークを本拠地にするメッツや、レッドソックス、ブレーブス、ブルージェイズ、フィリーズなど、10球団以上が田中に興味を示している。菅野は巨人の最高年俸選手だが、それでも6億5000万円。いくら巨人でも、その倍の金額を田中に払うのは難しいのではないか」(スポーツジャーナリスト)

関連記事

トピックス