芸能

清純派女優たちが濡れ場に挑戦した「2時間ドラマの魅力」

竹下景子の清純派から演技派への脱皮も濡れ場がきっかけだった(時事通信フォト)

竹下景子の清純派から演技派への脱皮も濡れ場がきっかけだった(時事通信フォト)

 自主規制が進む最近のテレビドラマとは違い、1980年代に隆盛を誇った「2時間ドラマ」では、ヌードや濡れ場などのお色気シーンは当たり前だった。名だたる女優たちがそこで艶やかさと美を競ったのである。『週刊ポスト』(12月7日発売号)では、伝説の2時間ドラマ濡れ場傑作選を特集しているが、同特集で作品解説している阪南大学の大野茂・教授(『2時間ドラマ40年の軌跡』著者)に、改めて2時間ドラマの「お色気シーン史」を聞いた。

 * * *
 家政婦、湯けむり、トラベルミステリー、美女、明智小五郎など、1977年にスタートした『土曜ワイド劇場』から2時間ドラマの伝説は生まれました。当時は映画が下火になり、その監督やスタッフがこぞってドラマを撮りだした頃で、出演する女優たちも映画と同じような気持ちで挑んでいました。

 同じ2時間ドラマでも、『火曜サスペンス』は主婦向けだったのに対し、土曜ワイド劇場は男性向けということで、女優の露出度は今では考えられないほどでした。当時の芸能事務所では、“脱がせ上手な土曜ワイド”という裏キャッチコピーが囁かれていたほどで、プロデューサーも「エンタメ要素としてエロを入れる」と明言していました。1990年代半ばまで、各局合わせて週8本もの2時間ドラマ枠があり、20%ほどの視聴率も珍しくありませんでした。その後、トレンディドラマが流行るまで、ドラマの王道はこれでした。

 TBSでは、子供たちに大人気の『8時だョ!全員集合』が21時に終わると、そのまま『ザ・サスペンス』が始まり、冒頭から女優の入浴シーンが流れてお茶の間が気まずい空気に包まれる……という経験をした家庭も多かったはずです。

 ザ・サスペンスで濡れ場に挑戦して飛躍した女優はたくさんいました。キャンディーズ出身の田中好子はもちろんですが、朝ドラ主演女優のイメージが抜けなかった秋野暢子は、『あるフィルムの背景』(1983年)という作品で、ヤクザに犯されてブルーフィルム(今でいうAV)に売られてしまう女性を演じたことで脱皮しました。“お嫁さんにしたい女優No.1”だった竹下景子も、『ソープ嬢モモ子』シリーズ(1982年)で演技派女優の道を歩き始めます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン