コラム

中村倫也、北村匠海、森山未來、溝端淳平が周りと差をつける“柄”コーデ【ファッションチェック】

中村倫也、北村匠海、森山未來、溝端淳平が周りと差をつける“柄”コーデ【ファッションチェック】

メンズファッションは無地でシックにまとめることが多いけれど、中には柄で遊ぶことも! 芸能界のイケメンたちも、巧みな柄コーデを見せていた。

◆北村匠海 大好きなダブルでトラッド風に

北村匠海は、ジャケット&スラックスに柄を投入。

タータンチェックのような格子柄だが、ダークグレーやライトグレーなどトーン違いの色のみで構成されているから、目立ちすぎることなく程よい個性を放っていた。北村好みのダブルジャケットはクラシカルな雰囲気。チェック柄も相まって、トラッドスタイルのような品を醸し出していた。

北村は、ボクサーたちの姿を描いた映画『アンダードッグ』(公開中)の舞台挨拶に登壇。「10キロ減量しました」と、本作での体作りの苦労を明かした。(11月28日)

→風変わりジャケットを着こなした北村匠海はコチラ

◆森山未來 誰にも真似できない侍ルック

森山未來は、「柄×柄」で魅せた。

中に着たジャンプスーツは、亀甲に花の紋がはいった和柄が印象的。さらに、この上から白の羽織と黒の総柄ジャケットを合わせ、インパクト満点のコーデに仕上げていた。アップにした髪も相まって侍のようだ。足元に合わせたのはウエスタンブーツ。森山にしか着こなせない、和洋折衷スタイルだった。

森山も、『アンダードッグ』の舞台挨拶に登壇。本作ではかませ犬(アンダードッグ)としてリングに立ち続けるボクサー・末永晃を演じている。(11月28日)

→和柄風のシャツを合わせた吉沢亮はコチラ

◆溝端淳平 主役を引き立てつつも着飾って

黒とグレーでまとめた溝端淳平。

「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会の審査員という立場だからか、主役を引き立てる落ち着いたコーディネートだった。ただ、よく見るとジャケットとスラックスにはウインドーペンチェック柄が。さり気なく合わせたベロア素材のタイもおしゃれ!

自身もジュノンボーイ出身の溝端。グランプリを受賞した14歳の前川佑(たすく)さんについて「中学生とは思えない度胸がある」と絶賛した。(11月22日)

→チェック柄ジャケットが目を引く稲垣吾郎はコチラ

◆中村倫也 単なるスーツスタイルでは終わらせない!

中村倫也は、派手な柄シャツをチョイス。

コーデ全体をブルー系で揃えた中村。シャツは「Dior」のアイテムで、ロゴがびっしりと並ぶゴージャスな一着だ。そんなシャツの上に、ネイビーのジャケット。さらにジャケットよりワントーン明るいスラックスを合わせ、ほんのり爽やかな着こなしを見せた。左袖にポケットが付いているジャケットはミリタリーテイストもあり、遊び心満点。

「第49回 ベストドレッサー賞」の授賞式に出席した中村。「なんで選んでもらえたのか不思議」と謙遜しつつも、選出されたことを喜んだ。(11月26日)

→柄使いが見事な中村倫也のコーデ集はコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/平野哲郎、浅野剛、小彼英一

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン