• TOP
  • 特集
  • 田中好子、叶和貴子らが2時間ドラマで見せたベッドシーン

特集

2020.12.13 15:59  週刊ポスト

田中好子、叶和貴子らが2時間ドラマで見せたベッドシーン

田中美佐子は壮絶な作品に挑んでいた(共同通信社)

田中美佐子は壮絶な作品に挑んでいた(写真/共同通信社)

 翌1983年放送の『森村誠一の奔放の宴』(テレ朝系)では、さらに激しいシーンに挑戦している。

「仮面をつけた男女のパーティーで、2人の男にベッドに押し倒される。何とも艶かしい声を上げていました」(A氏)

 このドラマには池波志乃も出演し、濡れ場こそないが妖艶なランジェリー姿を披露している。池波は『瀬戸内海殺人事件』(1983年・テレ朝系)で、大豪邸の主(穂積隆信)との情事に浸る家政婦を演じた。

 着物姿の池波は穂積に押し倒される。情事にのめり込むにつれて変わる池波の声色が生々しい。

 壮絶な作品に挑んだのが田中美佐子。1984年放送の『回転ドアの女』(TBS系)で、幼少期に義父(河原崎長一郎)に犯されたトラウマから、恋人ともレスになった女性という難役を演じた。

 恨みを晴らすべく義父に包丁を突きつけるも、

「お義父さん、こっちに来て。私を一人前の女にして!」

 とネグリジェをたくし上げ、下着を脱ぎ捨てる。田中は義父に体を許すが、その後、義父の後頭部を掴み自分にその顔を押しつけながら、ベッドに置いてあった包丁を掴み、思わず義父に振り下ろす……。

『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などすっかりホームドラマの“お母さん”イメージが定着している長山藍子も数多くの2時間ドラマで濡れ場を演じていた。

「『非行女教師』(1983年・TBS系)では足を中山仁の腰にきつく絡める姿が本当にリアル。一方、『妻という名の他人』(1984年・テレ朝系)では秋川リサと濃厚なシーンを演じた。お互いの唇を味わい尽くすような女優2人のキスシーンはネットリとエロティックでした」(大野教授)

関連記事

トピックス