芸能

「癒される…」 南原清隆の“ゆるさ”はコロナ禍にハマった

南原の仕事帰りをキャッチ

南原の仕事帰りをキャッチ

 11月下旬、都内の舞台「あんまと泥棒」の仕事帰りの南原清隆(55才)をキャッチした。靴もパンツもブルゾンも、オールブラックでまとめたクールないで立ちで、疲れも見せずに軽い足取りで迎えの車に乗っていった。

 新型コロナウイルスに振り回され続けた2020年は、この南原がメイン司会をする昼の帯番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にとって、追い風が吹いた1年だった。

 2011年に番組がスタートした当初は、目新しい主婦層向けの生活情報をメインとした内容で、それまで王道を誇っていたフジテレビ系長寿番組『笑っていいとも!』を視聴率で超えるなど大きな影響力があった。

 しかし、各テレビ局が力を入れる昼の帯番組の視聴率戦争は、ここ9年連続でTBS系『ひるおび!』が首位に君臨。最近は、正統派ニュース情報番組『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)と、毒舌の坂上忍(53才)が仕切るゴシップネタ中心の『バイキング』との三つ巴で、『ひるおび!』を追いかける展開が続いていた。

 そんな中で、コロナによる緊急事態宣言が出されて、国民が自粛生活に入った5月に転機が訪れた。

 あるスポーツ紙の記者は「毎日のニュース番組でも解決の見通しが全く報じることができない悲観的な世相の中で、ゆるい雰囲気の『ヒルナンデス!』が週間平均視聴率5.2%と過去最高を記録したのです。殺伐としたコロナ情報ではなく、グルメや美容、生活の話題を扱い続けたことで、視聴者からは『ヒルナンデス!に癒される』、『不安も煽らず楽しく見られる』と支持された結果でした」と解説する。

 自粛で得意のロケ撮影が減り、レギュラーだった渡部建(48才)は不倫スキャンダルを起こすなど予想外のことにも見舞われながらも、癒し系の南原の司会ぶりや、安心感がある番組内容が時代にハマったのだ。

 ただし、9月末からは、坂上の『バイキング』が、約1時間も放送を拡大した『バイキングMORE』に強化されると、視聴率でも再浮上。この秋からは、競争はさらに激しくなってきている。

 切れ味鋭いコメントをするというよりは、マイペースな口ぶりが印象的な南原。NHK紅白歌合戦の総合司会を務める相方の内村光良(56才)だけでなく、10年目に突入する南原の“昼の視聴率戦争”も気になるところだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン