コラム

【血液型別30秒ダイエット占い<12/21〜12/27>】A型は前向きになれるとき、AB型は新年に向けていいスタートを!

イラスト/Getty Images

血液型とアリストテレスの四元素説を元に作られたオリジナル占術で、12月21日(月)~12月27日(日)のダイエット運とラッキーポイントをチェック!

人間のカラダを流れる血液。実は体液だけじゃなく内臓や毛髪、細胞までA、B、O、ABのタイプに分けられることを知っていた? タイプが違えば性格や運勢傾向も違ってくるのは当たり前。毎週月曜にお届けする【30秒ダイエット占い】をチェックして、あなたのダイエットに役立てて。

◆A型のあなた

いい流れに乗れそうな気配。あなたを不自由にしていたこだわりが消えて、“何でもやってみよう!”という前向きなエネルギーが感じられるとき。その勢いに乗って、宅トレ動画をチェック! 気に入ったものにどんどん挑戦してみては? うまく習慣化できて、体を変えていけそう。クリスマスの2日間は、対人面でライトな奇跡が起こりやすい日。あなたが気になる人は案外、暇にしているかも!? 連絡を取ってみて。

★ラッキーポイント…筋肉量が計れる体重計

→A型のあなたにオススメの記事はコチラ

◆B型のあなた

乱れ気味だった運気が落ち着き、穏やかな気持ちで過ごせる1週間。年賀状を書いたり、大掃除を始めたり来年の準備をするのにぴったり! 家事にいそしむことで、ダイエット効果も期待できそう。また、買い物ついでにショッピングモールなど広い建物の中を歩き回るのもオススメ。気をつけたいのは、暴飲暴食運が点滅する木曜以降。普段お酒を飲んでいるなら、糖質ゼロのノンアルコール飲料に変えるなど、太らない工夫を!

★ラッキーポイント…広いショッピングモール

→B型のあなたにオススメの記事はコチラ

◆O型のあなた

自由にやりたい気持ちが高まるけれど、今週は人と協調することでツキが上がる時期。仕事もプライベートも、周囲と足並みを揃えることを意識するといい。ダイエットは“姿勢”に注目! 背筋が伸びると、自然と美痩せスイッチがはいるから不思議。座り姿勢で仕事をしている人は猫背や反り腰に気をつけて、デスクワーク中も腹筋を使おう。歩くときも背筋と膝を延ばして颯爽と!

★ラッキーポイント…プレゼント交換

→O型のあなたにオススメの記事はコチラ

◆AB型のあなた

かなり忙しい1週間になりそう。でも、今週のあなたにはどこか余裕が残っているみたい。やり残したことがあるなら、手をつけてみてもいいかも!? たとえ今年中に全部終わらなくても、新年に向けてよいスタートが切れる予感。美容運は、来週に向けて少しずつ上昇中。特に顔とデコルテ周辺は効果が出やすいみたいだから、セルフエステで滞りがちなリンパを流して若返りを!

★ラッキーポイント…マッサージクリーム

→AB型のあなたにオススメの記事はコチラ

◆監修:森冬生(もり・ふゆみ)

占術家・心理テスト執筆者。雑誌、Webサイトを中心に活動中。占術の得意分野は、西洋占星術、風水。ほかに、血液型診断や古今東西の占術のロジックを生かしたオリジナル占術も創作。心理テストでは、設問の面白さと解説の意外性に定評がある。公式サイトは、https://morifuyumi.jp/

●【2020年のダイエット運】あなたが痩せやすい時期は?12星座別に1年間のバイオリズムをチェック!

関連キーワード

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト