ビジネス

日産との100億円訴訟にゴーン元会長が頼った元特捜検事

日産との裁判が始まったゴーン氏、今後はどう動く?(EPA=時事)

日産との裁判が始まったゴーン氏、今後はどう動く?(写真/EPA=時事)

 特別背任容疑で東京地検特捜部に逮捕されたはずのカルロス・ゴーン日産元会長。保釈中の2019年末にレバノンに逃亡し、年明けすぐに世界に向けて「不当逮捕」だと訴えた。東京地裁ではゴーン氏不在の元、共に逮捕されたグレッグ・ケリー元代表取締役の裁判だけが続いているが、日産のお膝元である横浜地裁では、日産とゴーン氏が真っ向からぶつかり合う裁判が始まっている。

「日産は会社に損害を与えたとして100億円の賠償をゴーン氏に求めている。対するゴーン氏は元特捜検事の郷原信郎氏らを弁護士として訴えの棄却を求め、徹底抗戦する方針です」(司法記者)

 郷原氏はゴーン氏の保釈中に交流を重ね、『「深層」カルロス・ゴーンとの対話』(小学館刊)という著書も出すなど、ゴーン氏に寄り添ってきた。郷原氏が語る。

「刑事裁判が開けない今、この民事訴訟が唯一、ゴーン氏が関わる裁判であり、事件の真相解明の場になるでしょう」

 最近のゴーン氏の様子は?

「11月末にZoomで会議をしましたが、国連人権理事会でゴーン氏の逮捕、勾留について、『根本的に不当だ』という意見書が出た直後だったので、『いかに日本の検察の逮捕はひどいものかということを、国連が認めてくれた』と、随分と喜んでいました」(同前)

 12月14日付のフランス紙・リベラシオンの報道によれば、ゴーン氏夫妻の資産計1300万ユーロ(約16億4000万円)相当を仏税務当局が追徴課税を視野に押収したという。仏当局は夫妻が居住地をオランダに移していたことに対し、「課税逃れのための虚偽申告だった」と判断しているようである。激動の1年だが、この人は何も変わっていないようだ。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン