• TOP
  • ビジネス
  • 玉袋筋太郎「コロナなんかでスナック文化を絶滅させない!」

ビジネス

2020.12.29 16:00  NEWSポストセブン

玉袋筋太郎「コロナなんかでスナック文化を絶滅させない!」

「夜逃げ同然で店を閉めたスナックもある」と話す玉袋

「夜逃げ同然で店を閉めたスナックもある」と話す玉袋

 コロナ禍の深刻化で再び夜の街に大きなしわ寄せが来ている。今年の飲食店の倒産は800件に及ぶ見通しで過去最悪だ。オジサンたちの憩いの場であるスナックも崖っぷちに立たされている。そんな苦境を何とかしようと、芸人で自らも東京・赤坂に『スナック玉ちゃん』を経営する全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎が立ち上がった! “夜の街”応援プロジェクトに取り組む玉袋を直撃した。

──そもそも玉袋さんが全日本スナック連盟の会長になられた経緯から教えてください。

玉袋:全国のスナックを直撃取材する『ナイトスナッカーズ』という番組をやっていたとき、そこのスタッフと話をしていて、シャレっぽく「スナック連盟ってあったらいいよね。自分が会長って言ったら会長だろ?」なんてことを言ってたんですよ。そしたら全国から賛同者が集まってくれて、それなら一般社団法人にしたほうがリアルになるってことで2013年に発足しました。

──そんな“スナック愛”が高じて、ご自身でもスナックをオープンされました。

玉袋:「スナック文化の発展と保存」を目標に掲げて連盟を発足して、いろんなイベントを打ったりしてたんですけど、自分で実態が掴めなきゃダメだってことで、3年半前、ここ(赤坂)にお店をオープンしました。

東京・赤坂にある「スナック玉ちゃん」

東京・赤坂にある「スナック玉ちゃん」

──スナック連盟の現在の加盟状況などはいかがですか?

玉袋:加盟店は番組のロケで行ったお店の賛同をもらって、シールをペタンと貼ってくる感じかな。それと、いまはカラオケのJOYSOUNDさんと一緒に活動していて、営業マンの方が全国の担当のお店に広げてくれています。加盟店はすでに5000軒は超えてますよ。

 そこから1軒100円でも取れればこっちは“左うちわ”なんだけど、それはしない。営利目的じゃないところが立派でしょ(笑い)。これまではシールを貼った加盟店をホームページで紹介したりしてたけど、こんなコロナ禍になっちゃって……。

「全日本スナック連盟」公認ステッカー

「全日本スナック連盟」公認ステッカー

関連記事

トピックス