ライフ

【調査結果】スマホの中の「見られたくない秘密」を教えてください

(C)2020 Sony PicturesEntertainment

1月8日から全国公開されている映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』(C)2020 Sony PicturesEntertainment(Japan)Inc.All right reserved.

 世界18カ国でリメークされたイタリアのコメディー映画『おとなの事情』の日本版『おとなの事情 スマホをのぞいたら』が1月8日から公開されている。同作は東山紀之(54才)が扮するモテない独身男と、3組の夫婦の一夜を描く。年に1度集まっては友情を育んでいた彼らが、この夜、あることからスマホに届くメールと電話の内容をすべて公開するゲームをすることになる。うしろめたさなど何もない、と言っていた彼らだったが、電話が鳴るたびに、パーティーは修羅場と化していく……。

 これは映画のあらすじだが、世界中でリメークされるのはそこにリアリティーがあるから。今回、女性セブン読者男女950人にアンケート調査を決行。スマホに見られたくない秘密がないと答えた人は73%。秘密があると答えた人は27%という結果が明らかになった。見られたくない人の中には、

「待受画面を見れば、何が好きかわかってしまうので、見られたくない」(47才女性・会社員)
「自撮り写真は見られたくない。セクシーショットではないですが、ナルシストと思われそうで……」(32才女性・会社員)
「メモ帳に、ひと言日記を書いているので、見られたらヤバイ」(45才女性・派遣社員)
「不倫相手とLINEでやり取りしています。内容を見られたら、いつ、どこでナニをしていたか、すべてバレてしまう。もし夫に読まれたら、人生終了です。だから、絶対に手放さないし、ロックもかけています」(43才女性・会社員)

 などの声もあった。不倫だけではない。スマホを見れば、買い物履歴やどんな動画を見ているかなど、個人情報がまるわかり。たとえガラケーでも、電話番号自体が詐欺に遭うきっかけにもなりうる。アンケート結果を紹介しよう。

●問1「あなたのスマホの中には、誰にも見られたくない秘密はありますか?」

答.「ある」27%、「ない」73%

 全国の10~80代の男女950人にアンケート調査を決行。年代で最も多かったのは50代の35%、次いで40代の26%、その次が30代の17%。男女別では、男性10%、女性90%だった。

●問2「誰にも見られたくないスマホの 秘密を教えてください」

【多かった答えベスト5】

1位:元交際相手の連絡先
「歴代の彼氏の連絡先。しかも、数人とは連絡を取っているので、 LINEに履歴が残っている」(49才・パート)
「いまは単なる男友達だが、旦那に知られると面倒なので」(59才・主婦)など。

2 位:不倫相手とのやり取り
「不倫相手と一緒にいる画像まで保存している」(50才・会社員)
「妻子ある彼氏とのやり取り。W不倫なので、双方のパートナーに知られると修羅場確定」(36才・会社員)。

3 位:他人の悪口
「同僚への不満」(55才・会社員)
「仲のいいママ友と、別のママ友の悪口をさんざん、書いているLINE」(33才・主婦)。「旦那のかなりひどい悪口」(47才・パート)。

4 :大量保存した“推し”の画像
「たくさん保存してある好きなアイドルの写真」(84才・無職)
「好きなK-POPアイドルの画像。ネットから拾ったものばかりで、なかには“これ隠し撮りでは?”と思うものもある」(40才・パート)。

5 位:検索履歴
「好きなアイドルの私生活にまつわる検索をしていることを家族に知られたくない」(66才・主婦)
「エッチな漫画を閲覧している履歴」(48才・パート)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト