• TOP
  • 国際情報
  • 米議事堂暴動取材の横田増生氏「アメリカの民主主義が死んだ日」

国際情報

2021.01.15 16:00  週刊ポスト

米議事堂暴動取材の横田増生氏「アメリカの民主主義が死んだ日」

アメリカでいったい何が起きているのか?(写真/EPA=時事)

アメリカでいったい何が起きているのか?(写真/EPA=時事)

 トランプ氏と支持者らによる強烈な抵抗が続く中、いよいよ1月20日にバイデン大統領が誕生する。バイデン氏はアメリカをもう一度ひとつにできるのか、それとも“分断”はより加速するのか。同盟国である日本にも大きく影響してくる問題について、長年大統領選を取材してきた池上彰氏と、アメリカでトランプ陣営への潜入取材を続けてきた横田増生氏が緊急対談した。

 * * *
池上:1月6日午後(現地時間)、バイデン次期大統領の当選を正式に認定する手続きが行なわれていたアメリカ・ワシントンの連邦議会議事堂に武装したトランプ支持者が乱入し、5人が死亡する前代未聞の事件が起きました。横田さんはあの時、大混乱の現場で取材していたそうですね。

横田:そうなんです。僕が連邦議会の裏門に到着した時は、すでにトランプ支持者と警察が激しくやり合い、狂気や殺気を含んだ熱狂が充満していました。ほどなくごく近くで閃光弾が破裂し、私自身も警察の催涙スプレーを浴びて目を開けられないほどの激痛に襲われ、誰かが「中で女が殺された! 危ないから逃げろ!」と叫ぶのが聞こえました。トランプ支持者たちは裏門の横にある小窓を破って連邦議会内に侵入していましたが、僕は中に入ったら無事では戻れないと思って、その場に踏みとどまりました。その日はしばらく目が見えづらかったです。

池上:中に入っていたらトランプ支持者と間違われて銃で撃たれていたかもしれません。

横田:突入した連中は両目を催涙スプレーでやられて、何人も横たわっていましたね。

池上:トランプ支持者4人、警官1人が死亡した大惨事でしたが、何より衝撃的だったのは、連邦議会が占拠されたことです。アメリカという国の成り立ちは最初に連邦議会の地位が確立し、その後に大統領の権限が決められました。アメリカの民主主義の中心である連邦議会が襲撃されたのは、1814年に英軍がホワイトハウスを焼き討ちした米英戦争以来です。しかも自国民が連邦議会を襲うなんて“とうとうアメリカもここまで来たか”と絶句しました。

横田:おっしゃる通りです。僕は思わず取材メモに、「アメリカの民主主義が死んだ日」と走り書きしました。最大の問題は、襲撃者がみな「トランプが大統領選に勝った」と信じていることです。彼らはトランプの勝利を1ミリも疑っていません。そうした事実誤認が襲撃につながったことが本当に悲しく、トランプが4年間つき通した嘘でアメリカの民主主義が死んでしまったと感じました。

池上:4年前にトランプ大統領が誕生した際は、グローバル化で産業の空洞化が進み、工場などが寂れて、見捨てられた労働者が彼を支持したのだと理解できました。ところがこの4年間で極右陰謀論であるQアノンなどが出現して、何の証拠もないのに「大統領選の勝利が盗まれた」と頑なに信じるようになった。なぜそんな荒唐無稽な物語を信じるのか、私にはまるで理解できません。

関連記事

トピックス