芸能

大江、水卜、永島、岩田、井上… 4月改編で女子アナ女王の座は?

大江麻理子がMCのWBSは夜10時に(写真/ロケットパンチ)

大江麻理子がMCのWBSは夜10時に(写真/ロケットパンチ)

 番組改編は、女子アナにとって人気や実力といった真価を問われる厳しい機会だ。女子アナは「番組の顔」であるだけに、その顔が冴えなければ視聴率に直結し、すぐに首をすげ替えられてしまう。

 続々と発表される4月改編の最大の目玉となったのが、大江麻理子(42)がキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト(WBS)』(テレビ東京系)の時間変更だ。放送開始を1時間繰り上げ、22時スタートに。徳永有美(45)の『報道ステーション』(テレビ朝日系)に正面対決を挑んだのだ。

「『WBS』の“殴り込み”は、徳永さんにとって脅威でしょう。大江さんは癒やし系として人気が高く、カレンダーも発売されるほど根強いファンがいる。一方、徳永さんはブランクもあり、アナウンス技術に秀でているわけではない。『WBS』との直接対決で後れをとれば、木・金曜担当の森川夕貴アナ(27)に任せればいい、という話も出かねない」(女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏)

“朝の顔”も大きく変わり、とくに「朝8時」は最も熾烈な争いが繰り広げられる。フジは新番組『めざまし8』に『めざましテレビ』のキャスターを務めたエース・永島優美アナ(29)を抜擢。一方、他局は同時間帯を若手の“新エース”で固めた。

「長寿番組『とくダネ!』の後継番組でコケられないので、実力が確かな永島アナに任せた。ただ、日テレ・岩田アナはバラエティでのお笑い芸人との絡みもうまく、笑顔も“ジジ殺し”と評判なので、MCの加藤浩次さんとの化学反応が期待できる。テレ朝・斎藤アナも若いのに安定感があり、若手vs実力派の対決が見ものです」(丸山氏)

 早朝ニュースも、フジの看板番組『めざましテレビ』に大抜擢された4年目の井上清華アナ(25)と、日テレ『ZIP!』の水卜麻美アナ(33)の「若手vsベテラン」争いとなる。

 配置転換を飛躍のきっかけとできるか、それとも……。

取材・文/河合桃子

※週刊ポスト2021年2月5日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト