芸能

業界席巻の上白石姉妹 姉・萌音とは違う妹・萌歌だけの魅力

(時事通信フォト)

明るく力強いトーンの「声」が武器との評も(時事通信フォト)

 ドラマ『恋つづ』などのヒットにより、2020年に上白石萌音が一躍時の人となったのに続き、妹の女優・上白石萌歌の本格ブレイクにも期待がかけられている。女性向けファッション・エンタメニュースサイト『モデルプレス』の恒例企画「2021ヒット予測」では、女優部門の第2位にランクインした。

 ネクストブレイク候補として注目されている萌歌だが、その経歴は実に華々しい。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリに選ばれたことをきっかけに芸能活動をスタート。姉妹で共演した映画『羊と鋼の森』(2018年公開)での演技が評価され、「第42回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した。さらに、同じく「第42回日本アカデミー賞」において最優秀アニメーション作品賞を受賞した『未来のミライ』では主演声優を務めている。

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(2019年)での前畑秀子役も注目を集めた。日本人女性初の金メダリストを演じるにあたって、萌歌は7キロの増量を敢行し、日焼けサロンにも通って水泳選手らしい肉体を獲得した。努力のかいがあって、前畑にスポットライトが当てられた第36話『前畑がんばれ』は、視聴者の間でも「神回」と名高いエピソードとなった。

 ダメ押しに付け加えるならば、萌歌が2019年4月から1年間担当した『A-Studio』(TBS系)のアシスタントというポジションは、若手女優の登竜門として有名で、これまで本田翼、波瑠、川栄李奈といったそうそうたる人材を輩出している。

 つまり、萌歌は、若手女優としてはエリート中のエリートと言えるほどの出世街道を歩んでいるのだ。2019年9月にはadieu(アデュー)名義で音楽活動も開始するなど、これだけ精力的に芸能活動をしていながら、まだ大学在学中というのも驚きだ。

「とっくにブレイクしている」とも言える状況ではあるが、強いていえば、それこそ姉の『恋つづ』のように民放連ドラで当たり役を掴みたいところだろう。姉の萌音は、放送中のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』で主演しており、ラブコメのヒロイン役として安定した地位を確立しつつある。

関連キーワード

関連記事

トピックス