芸能

脳出血で治療中の清原翔、病状報告 「話せるようになった」証言も

現在は体調も安定しているという清原翔

現在は体調も安定しているという清原翔

 脳出血で療養中の俳優・清原翔(27才)の病状が、所属事務所のスターダストプロモーションの公式ホームページで報告された。

 清原は185cmの長身に涼し気な表情が印象的で『MEN’S NON-NO』モデルとして芸能界デビュー。その後、俳優業にも進出し、2019年にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』、翌年も『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)など人気ドラマへの出演が相次いだ。この2月11日から上映される映画『ファーストラヴ』にも出演している。

 そんな人気俳優を病魔が襲ったのは昨年6月。外出先で体調不良を訴え、都内の病院に緊急搬送。診断の結果「脳出血」の症状が見られたため緊急手術を受けた。当時、詳しい病名などは明らかにされず、「命に別状はないものの、予断を許さない状態が続いている」として、療養することだけが発表された。

 それから何の報告もないまま8か月が経過したが、今回、ついに病状が明らかにされた。スターダストによれば、〈清原は2020年6月12日に感染性心内膜炎による脳内出血を発症し、緊急手術を行いました。その後複数回の手術を経て、現在は体調も安定し、脳に関しても異常はないとの診断結果を受けております。また、現在復帰に向け、医師の指導を受けながらリハビリに専念しております〉という。

 明日、2月2日は清原の28歳の誕生日だ。それを前に、復帰への強い決意を表したかったのかもしれない。清原の知人はこう語る。

「歩き回れるほどではありませんが、言葉でのコミュニケーションは取れています。今は筋肉の回復を待っている状態です。本人は少しでも早く復帰したい、という思いで、懸命にリハビリを頑張っています」

 復帰時期は未定だが、今回の病状報告に、ファンはほっと胸をなでおろしているに違いない。

【以下、事務所発表内容の全文】

関連キーワード

関連記事

トピックス