芸能

M-1王者マヂラブにラジオリスナーからの熱視線 ANN抜擢もあるか

マヂカルラブリーの大抜擢はあるか?

マヂカルラブリーの大抜擢はあるか?

 年度末を控えたこの時期、ラジオリスナーたちのあいだで盛り上がる話題といえば、ラジオ番組の改編予想だろう。なかでも注目の的となるのは、今年で54年目を迎える長寿番組・ニッポン放送『オールナイトニッポン』(以下、ANN)のパーソナリティだ。

 月曜から土曜の深夜1時から放送されている同番組は、1967年の放送開始以降、その時代を象徴するタレントやアーティスト、お笑い芸人らがパーソナリティを務めてきた。現在のラインナップは、菅田将暉(月曜)、星野源(火曜)、乃木坂46(水曜)、ナインティナイン(木曜)、三四郎(金曜)、オードリー(土曜)となっている。

 一方、深夜3時から放送されるANNの「2部」こと『オールナイトニッポン0(ZERO)』(以下、ANN0)は、よりフレッシュな顔ぶれが並ぶ。ラジオの新時代を担う新たなパーソナリティを発掘するという役割もあるのだろう。現在の布陣は、ファーストサマーウイカ(月曜)、Creepy Nuts(火曜)、テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行(水曜)、水溜りボンド(木曜)、霜降り明星(金曜)。土曜日は週替わりで旬なパーソナリティが登場する。

 自分がいつも聴いているパーソナリティが4月の改編を乗り切れるのか「改編突破」に向けて不安を抱くリスナーがいる一方で、新たにどんなパーソナリティが起用されるのか、期待に胸を膨らませるリスナーたちもいるだろう。そうした中で、次期ANNパーソナリティ候補として注目を集めているのが、2020年の『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)王者、マヂカルラブリー(通称、マヂラブ)だ。「あれは漫才なのか?」論争を巻き起こした型破りなコンビだが、なぜ彼らに期待が寄せられるのだろうか?

 ラジオのハガキ職人をしている男子大学生・Aさん(19歳)は、こう語る。

「マヂラブは、確実に“ラジオスター”になれる逸材だと思います! 2020年3月に野田クリスタルが『R-1ぐらんぷり』(カンテレ・フジテレビ系)で優勝した後、4月と9月の2回、『ANN0』のゲストパーソナリティにマヂラブが起用されています。その回があまりにも面白く、ラジオ好きのあいだでは『アルピー』(アルコ&ピース)に続くラジオスターはマヂラブだと話題になりました。

関連キーワード

関連記事

トピックス