• TOP
  • コラム
  • 渡米中の沢村、滞在地は隠したが思わずポロリ メジャー移籍先は4球団に絞られた

コラム

2021.02.06 17:25  ZAKZAK

渡米中の沢村、滞在地は隠したが思わずポロリ メジャー移籍先は4球団に絞られた

渡米中の沢村、滞在地は隠したが思わずポロリ メジャー移籍先は4球団に絞られた

 ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使して、米大リーグ移籍を目指している沢村拓一投手(32)が5日に渡米。現地からテレビ東京のYouTube番組Sports Live Pub「フライデーナイト」(毎週金曜夜9時)に生出演した。

 司会は巨人で同僚だった岩隈久志(マリナーズ特任コーチ)で、メジャー移籍について電話で相談したという。

 沢村は「ムッチャ悩みました。50分ぐらい電話しましたよね。話を聞いてほしいのではなくて、後押ししてほしいんだなと。行くか残るか決めているときに、自分は怖いんだろうなと自覚してて。どっちにしろ意見を聞きたいなと」と告白。

 岩隈は「メジャーに挑戦できる力、チャンスがあるなら、ドンドン挑戦した方がいい。人生1回きりですから」と応援した。

 「眠いっす、朝方です」と目をこすったが、アメリカのどこに滞在しているかは公表しなかった。米国は時差があり、現地時間で滞在地がバレてしまうため「何時って言っていいんですか?」。

 しかし、ゴーゴーカレーと牛角を食べたとポロリ。沢村はアメリカの事情を理解していないようで「大きい都市ならどこにでもあると思います」と話したが、両店はニューヨーク、ボストン、ヒューストンにしかない。となると、移籍先はヤンキース、メッツ、レッドソックス、アストロズに絞られてくる。

 コロナ感染のリスクを考え「トレーニングウエアを持ってきたけど、ホテルのジムも怖くて行けない。ベッドにボールを投げるか、ストレッチしかできない」と部屋に缶詰め状態。メディカルチェックのための渡米であるという口ぶりで、ロッテ残留の可能性は低く、近日中に移籍先が決まりそうだ。

関連記事

トピックス