• TOP
  • 国内
  • 石田純一「僕のコロナ後遺症は体よりバッシングのストレス」

国内

2021.02.11 10:00  NEWSポストセブン

石田純一「僕のコロナ後遺症は体よりバッシングのストレス」

バッシングが一番つらかった(時事)

バッシングが一番つらかった(時事)

 2020年4月、タレントの石田純一氏(67)は北関東のゴルフ場かその夜の会食でコロナに感染したとみられ、4月14日に感染が発覚、入院した。一時は血圧が下がってICUに入る寸前まで悪化したが、5月に退院して現在は回復している。この感染については、すでに緊急事態宣言が発出されているなかで仕事とはいえ沖縄に出かけたことが批判され、回復後も長くバッシングを受けた。

『週刊ポスト』(2月8日発売号)では、コロナ後遺症について17ページにわたって特集しているが、そこで取材に答えた石田氏は、退院後の体調について赤裸々に語っている。一方で、石田氏のケースで特異なのは、やはり患者や元患者に対する猛烈な批判が続いたことだ。一連の「社会的後遺症」についてどう感じているか、改めて聞いた。

 * * *
 4月14日の朝に38.8度の熱が出て、その日に入院し、一時はかなり悪化しましたが奇跡的に助かりました。5月12日に退院してからも、しばらくは自宅でも子供や家族と接触しない隔離生活をしていて、通常生活に戻ったのは6月になってから。

 肉体的な後遺症というのは目立ったものはなかったのですが、日課のランニングでは息苦しい感じがしますね。ただ、これは歳のせいかもしれないので、はっきり後遺症だとは言えないんです。野球でノックしてもキャッチャーフライが打てなくなったとか、ゴルフで思うようなスイングができないとか、柔軟性が落ちたといった実感はあるのですが。

家族の危険を感じたこともあったという(時事)

家族の危険を感じたこともあったという(時事)

 僕の場合、コロナの後遺症というのは精神的なものでしたね。僕が言うと冗談みたいになっちゃうかもしれませんが、とにかく叩かれまくりましたから。先日の『週刊新潮』でも、今回の緊急事態宣言の発出後に3人で食事をしたことを10人で、と書かれちゃったり、今年になって始めたYouTubeでも、あることないこと書かれて、批判めいたコメントもたくさんあります。僕だけでなく、家族が身の危険を感じるような脅迫まがいのこともされましたから、そういったストレスはかなり感じています。

関連記事

トピックス