ライフ

コロナ感染の後遺症か 認知機能や思考力低下、記憶障害、PTSDも

コロナ回復者のデータを見ると、様々なコロナ後遺症の事例が(イメージ)

コロナ回復者のデータを見ると、様々なコロナ後遺症の事例が(イメージ)

 新型コロナウイルス感染症の後遺症には、脳や心臓に異変をもたらす「血管損傷」や味覚・嗅覚の異常、脱毛や目の充血、体重減少、不眠や食欲不振など精神面の不調なども報告されている。

 さらに、認知機能の低下も心配されるという。多くのコロナ回復者を受け入れているヒラハタクリニックのデータによると、「後遺症外来」を訪れた808人のうち81.5%の人が思考力の低下を訴えている。

 昨年4月にコロナに感染した東京在住の60代男性Aさんは、重症化し集中治療室で治療を受けて生還したが、回復してしばらくの間、記憶障害があったという。

「リハビリ病院に移ってから看護師に『検査の結果、年齢より認知能力が落ちているようです』と言われ、毎日1時間ほど簡単な計算問題やパズルなどをやっていました」

 昨年3月に感染した元近鉄監督の梨田昌孝氏もこう振り返る。

「病院に入る前の記憶がないんです。どこに行ったとか、誰と会ったとかが思い出せなかったり、前後したりしましたね。MRIで検査して問題はないと言われましたが、やはり気になります」

 こうした症状を、国際医療福祉大学病院予防医学センターの一石英一郎医師が解説する。

「後遺症の一つに、頭に霧がかかったように物事が思い出せなくなる『ブレイン・フォグ(脳の霧)』と呼ばれるものがあります。記憶力や集中力の低下、日常的な言葉を理解する能力の低下が起きる。脳に十分な酸素や栄養が行き届かなくなり、脳細胞が傷ついて起きている可能性が考えられます。

 国内外の研究者の間でコロナウイルスが脳をバリアしている脈絡叢を傷つけ脳内に侵入するという説も議論されています」

 認知機能低下の原因について、「集中治療後症候群」と呼ばれる疾患との関係も指摘されている。

「コロナに限ったことではないですが、集中治療室で治療を受けた後、身体や認知機能に障害が生じる『集中治療後症候群』を発症する場合があります」(公平病院院長の公平誠医師)

 カナダの研究機関の報告によれば、重症化した際に併発する急性呼吸窮迫症候群(ARDS)でICUに入った患者は、回復後も22~24%に心的外傷後ストレス障害(PTSD)が生じていた。

 前出のAさんには「集中治療後症候群」のひとつと言われる、せん妄の症状があったという。

「入院中は、寝ているときに大声を出して暴れることが3~4回あったそうです。まったく記憶にないけど、翌日に看護師から『昨日の夜、みんなで、取り押さえましたよ』と言われました」

関連キーワード

関連記事

トピックス