ライフ

【書評】開高健『オーパ!』完全復刻 本を開いて、ひととき夢の旅へ

『オーパ!完全復刻版』著・開高健、写真・高橋昇

『オーパ!完全復刻版』著・開高健、写真・高橋昇

【書評】『オーパ!完全復刻版』/開高健・著 高橋昇・写真/集英社/8000円+税
【評者】香山リカ(精神科医)

 開高健。芥川賞受賞の小説家だが、ベトナム戦争に従軍し、世界中を旅して釣りをし、数々のルポや紀行を世に送り出してきた巨星が世を去って、すでに30年以上がたつ。しかし、本人の名を冠したノンフィクション賞から数多のベストセラーが生まれるなど、栄光はいまだ衰えるところを知らない。そして、このたび43年前に出た開高氏のアマゾン釣りツアーの記録『オーパ!』が完全復刻された。

 買うのに覚悟がいる本だ。大型の上製本で、ブックレットもついてかなり分厚く重く、8800円もする。しかし、いま流通している文庫版ではもの足りないと思っていた愛読者は、ケースに躍る太い題字と裏に書かれているメッセージを見ただけで、陶酔の境地に陥ってつい買ってしまう。メッセージにはこうある。

「何かの事情があって野外へ出られない人、海外へいけない人、鳥獣虫魚の話の好きな人、人間や議論に絶望した人、雨の日の釣師……すべて書斎にいるときの私に似た人たちのために。」

 ほら、もうこの本が欲しくなってきただろう。

 本書の構成は単純だ。アマゾン河に生息する怪魚を釣ろうと、作家と同行者がひたすら釣り竿を振りまた移動する、その繰り返しだ。勇猛なドラードと格闘する日もあれば、ピラーニャの凶暴さに震える日もある。作家の文章は簡潔にして深奥、そして何よりアマゾンの豊穣な自然や釣りに挑む男たちの熱量をそのままとらえた高橋昇の写真がすばらしい。CGやスマホのカメラでは絶対に表現できない生の濃密さに、ただただ引き込まれる。

「生まれるのは、偶然/生きるのは、苦痛/死ぬのは、厄介」と本書の中で開高氏は書く。作家は生涯、うつ病にも悩まされたという。人生はアマゾンで釣りをする日々のように楽しいものではない、ということを彼はよく知っていた。しかし、だからこそこの紀行がより輝きを放つ。さあ、いま「何かの事情があって」どこにも行けない私たちよ。本書を開いて、ひととき夢の旅に出ようではないか。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン