国内

東日本大震災被災者が明かす「いらなかった物資」は手回しラジオ

避難所生活で本当に役立ったもの、いらなかったものは?(時事通信フォト)

避難所生活で本当に役立ったもの、いらなかったものは?

 いつ大きな地震が発生するかわからない日本列島。東日本大震災の経験で得た教訓を今後に活かしていかなくてはならない。

 被災して避難生活に入ると、いろいろと足りないものも出てくるだろう。しかし、実際に避難生活を経験しないと、何が必要で、何が必要でないかはわからないものだ。

 避難所生活中、全国からさまざまな物資が届く。しかし、なかには送られてきて困ったものもあったという。避難所生活で本当に役立ったものを、陸前高田市で被災した防災士の佐藤一男さんに聞いた。

「助かった」もの

●タオル
「体を拭く、枕やアイマスクにする、羽織って防寒対策、広げて吊るせば目隠しになるなど、多用途に使えるので、タオルは大中小、何枚あっても困りません」(佐藤さん・以下同)

 手ぬぐいなど生地の薄いものならマスク代わりにもなる。防災袋に入れるときは、圧縮袋を使えばコンパクトになるのでおすすめ。

●寝間着・ゆるい衣類
 避難所では、一日中同じ服装で過ごすことになるため、寝るとき用のゆるい衣類が手に入ったときはうれしかったという。

「洋服のまま寝るのって、想像以上に窮屈なんですよね。ウエストがゴムになるだけでも、横になるときラクですよ」

●おもちゃ・漫画など娯楽品
「娯楽品は、命にかかわるものではないので、支援を受ける側からは“欲しい”とは言いづらいんです。それだけにおもちゃが届いたときは、本当にありがたかった。子供たちのいい気分転換にもなり、特に家族でできるトランプは重宝しました」

●模造紙+フェルトペン
「物資の配布など、避難所内で決まったことは、毎日同じ時刻に発表するようにしました。その際に活躍したのが模造紙とフェルトペン。アナログではありますが、身近な人に最新情報を伝えるのに紙とペンは必要不可欠でしたね」

●マスク
 避難所では風邪が一気に蔓延する。コロナ禍にかかわらず、感染症対策としてマスクは必須。

「避難所の建物は天井が高く、乾燥しがち。のどを痛めると風邪を発症しやすいので、寝るときもマスクをした方がいいですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン