ライフ

「昭和脳」のおっさん世代に捧げる「令和のジェンダー力検定」

イメージカット

育児も「ワンオペ」は許されない

 世界は目まぐるしいほどのスピードで変化している。そう実感することが増えた人も多いのではないか。大人力について日々研究を重ねるコラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 昭和は遠くなりにけりました。昭和と令和の世の中を比べて、とくに激しく変化したのが、ジェンダー方面の意識や常識です。

 昭和の時代には、オフィスに女性の水着姿の写真がドーンと載ったカレンダーが貼られ、上司が部下の女性をつかまえて「○○ちゃんのおっぱいも、このぐらい大きいの?」と言ったりする光景が、わりと普通にありました。令和となった今、もし同じことをしたら、瞬時にすべてを失ってしまうでしょう。

 ただ、おっさん世代としては、十分に気を付けていても、意識を変えなければと思ってはいても、染みついた昭和の感覚と完全に決別することは容易ではありません。無意識のうちに「昭和脳」を発動させて、知らないうちにヒンシュクを買っていることがあります。

 近頃うるさいからとかそういうことではなく、胸を張って堂々と令和を生きていくために、女性にも男性にも失礼がないように、自分の中の「令和のジェンダー力」をチェックしてみましょう。次の3つの設問にチャレンジしてみてください。

(問1)あなたは30歳の男性。彼女が「今日、職場で課長が、子どもが生まれたばかりの同僚に『ちゃんと子育てを手伝わないと、ヨメさんに逃げられちゃうぞ』って言ってたの。もう最低!」と怒りながら話している。望ましいリアクションは?

【1】「えっ、どうして? 的確なアドバイスだと思うけど」
【2】「で、そのときキミは何も言わなかったの?」
【3】「『手伝う』じゃないよね。『ヨメさん』も失礼だし」

(問2)取引先の女性社長(既婚、40代)が、打ち合わせ中の雑談で「私、料理ぜんぜんできないんですよ。アハハ」と笑ながら話した。適切なリアクションは?

【1】「ご主人が納得なさっていれば問題ないと思いますよ」
【2】「アハハ、そうなんですか。社長らしくて素敵です」
【3】「女性だからって料理が得意である必要はないですよね」

(問3)居酒屋で独身の部下(30代)に「○○君はいい人いないの?」と聞いたら、サラッとした口調で「いますけど、じつはボク、ゲイなんです」と言い出した。なんて返す?

【1】「そうなんだ。パートナーがいるんだ。いいね」
【2】「言ってくれてありがとう。つらいことも多いだろうけど、がんばってね」
【3】「おいおい、俺はそのケはないから、口説かないでくれよ」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン