芸能

門脇麦は「時代が求める女優」に 宮崎あおい・蒼井優に続く存在

宮崎あおい、蒼井優に憧れた(時事通信フォト)

宮崎あおい、蒼井優に憧れた(時事通信フォト)

 女優・門脇麦(28)の存在感が年を追うごとに増してきている。今やテレビドラマや映画の世界で欠かすことのできない役者と言ってもいいだろう。同世代の若手女優が数多く台頭するなか、彼女はなぜ独自のポジションを築き上げるに至ったのだろうか。

 1992年生まれの門脇は、2011年に学園ドラマ『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ系)で生徒役の一人として女優デビューを飾った。その後2014年に複数の出演映画での演技が認められ、各新人賞を獲得。2016年には初の単独主演を務めた映画『二重生活』が公開されることとなる。

 そんな彼女が役者の道に進むきっかけとなったのは、宮崎あおいと蒼井優という二人の女優が10代にして映画で活躍している姿を高校時代に目にしたことだったという。映画評論家の小野寺系氏は、これら二人の先輩女優と比較しつつ、門脇の特徴をこのように解説する。

「憧れの俳優二人とも、誰もが知る圧倒的なキャリアの持ち主で、10代の頃から名を馳せている存在です。宮崎あおいは、『EUREKA ユリイカ』や『害虫』、蒼井優は『花とアリス』と、代表的な日本のフィルムメイカーの作品に出演し、10代の頃から認知されている強みがあります。

 対して門脇は、デビューが少し遅く、目覚ましい活躍が始まるのは20代からです。10代の清廉で強烈なイメージが無いことは、日本のトップ俳優としてはハンデになっているといえますし、見た目の印象も、陽と陰でいえば、陰の雰囲気を持っていると思います。そのため、二人のように初めから主演級の俳優として扱われるわけではなかったと思います」

 女優デビュー時すでに10代の終わりに差し掛かっていた門脇。だが今では宮崎あおいや蒼井優に匹敵する仕事をこなしていると小野寺氏は指摘する。

「初めから主演級の俳優ではなかったのですが、それだけに脇役としての存在感は強く、陰にまわることで魅力を発揮してきた部分があります。転機となったのは、過激なシーンを演じた2014年の映画『愛の渦』で、思い切った演技によって、ここから主演を務める機会が増えています」(小野寺氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス