芸能

妻を見送った俳優・山崎辰三郎 雑談レベルの会話が妻の希望を叶えた

山崎辰三郎が語る

山崎辰三郎が語る亡き妻のこと

 夫婦でどちらかが先に死ぬのなら、「自分が先に死にたい」という女性が50%なのに対し、男性は78%に上るという。その最も多い理由は、「パートナーを失う悲しみに耐えられない」から。実際に妻に先立たれた夫たちは、悲しみとどう向き合ってきたのだろうか──。

「妻の文美とは10才差。私の方が当然、先に逝くものと考え、終活を始めようとした矢先のことでした」

 そう話すのは、俳優の山崎辰三郎さん(72才)。妻の今村文美さん(享年61)も俳優で、3年かけて全国を巡演した『柳橋物語』が、2019年12月14日に岩手・盛岡で千秋楽を迎えて帰京。その6日後に、家庭内の不慮の事故で、突然、亡くなった。

 二人は前進座附属の養成所の3期生と8期生。巡演で一緒になったのをきっかけにつきあい始めて結婚した。

「ちょうど3年前、私が70才になったのを機に、エンディングノートを準備し始めたんです。嫁いだ娘が近くにいますが、最後は女房ひとりの生活になるから、『そのつもりでいた方がいいよ』などと、話をしていた。お墓に関しても、私の実家のお墓は徳島にあり、本来ならそこに入るのですが、女房は『東京の実家の墓に入れてほしい』と言っていたんです」(山崎さん・以下同)

 義兄と相談して希望を叶え、徳島には分骨の形をとった。「雑談レベルでも自分の意思を話してくれていたことで、希望に添うことができました」

 家事全般が得意な山崎さんは、日常生活で困ることはない。だが、食事中に芝居のことを話す相手がいないなど、妻の存在がなくなった“ぽっかり感”は、思った以上に大きい。昨年はコロナの影響で仕事の予定がなくなり、自宅で何か月もひとりで過ごしたが、さすがに堪えたという。

「寅さんの映画や韓国ドラマのDVDを、1日に何時間も集中して見ていました。『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』を見て、女房が亡くなっても号泣してないのに、なんでドラマを見て滂沱の涙を流しているんだって思ったり……。なんでもいいんです。のめり込めるものがあれば、考え込まなくて済みますから」

 文美さんに心残りがあったとすれば、「年金がもらえなかったこと」だと山崎さんは笑う。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト