芸能

水卜麻美アナ、フリーより“一生局アナ”が賢い理由 将来は役員の道も

距離感が難しい(時事通信フォト)

日テレで骨を埋めるか(時事通信フォト)

 新しい年度がまもなくスタートするが、テレビ局にとっても年度替わりは大きな変化のタイミング。日本テレビでは、水卜麻美アナ(33才)が朝の情報番組『ZIP!』の総合司会に就任した。水卜アナは「ミトちゃん」の愛称で親しまれ、「好きな女性アナウンサーランキング」で常に上位にランクインする人気アナ。以前はフリーになったほうが稼げるというのが“定説”だったが、今は局アナを続ける水卜アナは賢いのではと言われている。その理由とは──。

 水卜アナは2010年に日本テレビに入社し、すぐに『ヒルナンデス』を担当。愛嬌たっぷりのキャラクターが広く愛され、『ORICON NEWS』が発表している『好きな女性アナウンサーランキング』では、2013年から5年連続1位に輝き、“殿堂入り”を果たした。人気女子アナはフリーへの転身を図る例が多いが、彼女はかねてより強い“日テレ愛”を語り、「フリーになる気はない」と公言している。

「人気アナがフリーに転身すれば、収入は1ケタ増えます。例えば、TBSの安住紳一郎アナはフリーに転身すれば、年間数億円は稼げると言われています。安住アナは堅い番組からバラエティーまで何でもこなせる上、レコード大賞や『音楽の日』といった大舞台も任せられる。さらに担当するラジオ番組も、高い聴取率を取っています。彼はTBSで異例の出世を遂げていますが、サラリーマンなので年収が“億”に届くことはないですからね。

 ただ昨今のテレビ業界は、迂闊な言動1つですべての仕事が吹っ飛ぶ時代ですし、コロナ禍でイベント司会などの“おいしい仕事”が激減している上、仕事の単価もどんどん下がっています。かつてほどうまみがないのは事実です」(エンタメ誌ライター)

 確かに、不倫や不祥事、失言などで“一発退場”を求められたタレントは多く、フリーになるのは非常にハイリスクだ。それ以外にもフリーが厳しい理由は存在する。

「ここ数十年、テレビはエンタメ界の頂点に君臨してきましたが、スマホやネットの普及で“テレビ離れ”が起き、広告収入はどんどん減少。そこにコロナ禍もあいまって、各局とも経費削減が至上命題になっており、情報番組やニュース番組ではなるべくタレントを使わずに局アナを使う傾向が顕著です。

 日本テレビでいえば、ビビる大木や岡田圭右(ますだおかだ)がMCの『PON!』を打ち切って、局アナのみが出演する『バゲット』を始めましたし、今季の改編では福澤朗が『真相報道 バンキシャ!』を降板し、後任は桝太一アナが務めます。『バンキシャ!』の視聴率は15%前後で安定しており、特に福澤を変える意味はない。コストカットの犠牲になった形です」(テレビ情報誌記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン