芸能

拡大するアマチュアクイズブーム レベル別で初心者も気軽に参加可能

(写真提供/日本クイズ協会)

日本クイズ協会が主催する大会には水上颯も参戦。高い難易度で日本一を競っている(写真提供/日本クイズ協会)

 お昼時やゴールデンタイムなど、さまざまなシーンでお茶の間を賑わせ、最近では東大生たちが超難問で芸能人たちと戦う『東大王』(TBS系)なども人気を博しているのが、クイズ番組だ。

 一方で、クイズ人気は、テレビの世界だけではない。かつて視聴者参加型クイズ番組に出演し、14冠を獲得、後にクイズ作家になった道蔦岳史さんはこう言う。

「1990年頃に『史上最強のクイズ王決定戦』(TBS系)という番組があって、全国で予選が行われていました。実力があれば誰でも勝ち上がれる方式で、クイズマニアが競い合って勉強をするようになったんです。その後、視聴者参加型クイズ番組がテレビから姿を消しても、お互いにクイズを出し合うクイズサークルが活発になり、その流れが、オープン大会やクイズ専門店のような形で、いまも続いています」

 当時、学生だったクイズ研究会のメンバーには、社会人になってもクイズを楽しみたい人が多くいる。そんなクイズ好きたちが実力を披露する場として、クイズのオープン大会を開催。いまでは全国各地で年間100以上の大会が開催されている。

 2018年には日本初のクイズ専門店『SODALITE(ソーダライト)』(東京都文京区)が登場。店内の机には早押しボタンが並び、昔懐かしいインベーダーゲームをするように、テレビのクイズ番組さながらの早押しクイズが楽しめる。

「このコロナ禍では、オンラインで対戦できるクイズも増え、クイズはテレビの中のものという感覚がなくなってきている」と道蔦さんは言う。

 専門誌『QUIZ JAPAN』編集長で日本クイズ協会理事の大門弘樹さんはこう言う。

「現役のクイズ作家やクイズ王、イントロクイズのスペシャリストなどがさまざまなイベントを開催しているのも新しい潮流です。レベル別になっていて、初心者でも気軽に参加できますよ」(大門さん)

取材・文/北武司

※女性セブン2021年4月8日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン