芸能

中尾彬はアトリエと別荘を、錦野旦は墓を…著名人が終活で手放すもの

中尾彬はアトリエと別荘をなぜ手放したのか

中尾彬はアトリエと別荘をなぜ手放したのか(撮影/小暮誠)

 長年、大事にしていたものを、思い切って捨ててみる──。それを実践している著名人がいる。

 俳優の中尾彬(78)は、5年ほど前に千葉にあるアトリエと沖縄のマンションを手放した。

「(妻の池波)志乃と同時に大病を患ったことがきっかけで、子供がいないうちの場合は、どちらかが先に死んだら遺産や遺品をどうやって整理するのかということを考えるようになり、終活を始めました。

 長年生きていると、身の回りにいろんなものが溜まっている。それに気づかされて、始末することにしたんです。それも大きい物から片付けようと思い、不動産をまず手放しました」

 30年間作品作りをしたアトリエは、解体して更地にして売却した。16年間別荘として利用した沖縄のマンションも、周囲から「惜しくないの?」と心配されたが、惜しむ気持ちはなかったという。

「男にとって別荘を持つことはステイタスだから、自己満足に浸っちゃうものなんです。でも、私は使いに使って満足させてもらったからね。以前は沖縄に月1回は通って、友達もいっぱいいて、ドンチャン騒ぎもした。

 でも体力的に厳しくなってからは行く回数が減っていた。これからはホテルに泊まればいいんだから手放してゆっくり過ごそうとなったら気が楽になりました。別荘も備品を買ったり、管理する煩わしさがありましたからね」

 タレントの錦野旦(72)は、夫婦で「墓」を整理した。

「亡くなった前の家内が入る錦野家の立派なお墓が成田市(千葉)にあったのですが、閉じました。娘たちは地方に嫁いでいて“遠くてお墓参りができない”と言う。僕の両親も自分たちはその墓に入らず永代供養にすると言う。お墓を持っているという見栄もいらなかったので、お墓を処分して、家から自転車で行ける距離のマンション型のお墓に引っ越しました。家族にお墓を継ぐ人もいないので、これから色々と考える必要がなくなってほっとしました。

 うちは夫婦の財布は別々で、僕は銀行の通帳を束のように持っていたけど、妻の勧めで口座を2つにまとめた。夫婦でいろいろと断捨離したことで、今後、自分に何かあっても大丈夫と思えるようになった。やって良かったと思っています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン