国内

コロナワクチンに不安抱くライター、「時価の寿司店」との共通点語る

aa

咲き誇る桜に自然と気持ちが高ぶった、いつもの春が懐かしい…(「染井霊園」の桜)

 緊急事態宣言は解除されても感染者の増加は止まらず、しかし、たくさんの人々が街に繰り出している今の状況に、なんとも言えない気持ちを抱く人も多いだろう。女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子もそんな1人。オバ記者が、モヤモヤするこの状況に、素直な気持ちをぶつける。

 * * *
 先日、アルバイト先の衆議院議員会館を出たら、総理官邸前でマイクを握っている人がこんなことを言っていたの。

「新型コロナウイルスの正体は何なのか、誰か説明できるんですか? ワクチンの効果、ちゃんと説明できる人、いるんですか? 緊急事態宣言を解除した根拠は何? それ以前に、緊急事態宣言にどんな効果があったのか。何ひとつわかっちゃいないじゃないですか! 子供に説明できるようにしてくださいよ」

 早足で前を通りすぎたけど、「そりゃそうだ」と大きくうなずいた私。

 なんたって、去年の2月に安倍晋三前総理は小・中・高校を一斉に休校にしたんだよ。それで卒業式ができずに泣いた子供たちがどれだけいたか。その後にアベノマスク配布。あのマスクにどれだけの意味があったのか、納得のいく説明を誰もしてないんだよね。

 総理の顔が変わったからって、1年前のことを水に流していいわけないと思うんだけど、どうなの? えっ、説明できないものはできないって? こんな態度を政府がとると、末端の私たちも自分がどう動いたらいいのか悪いのか、確信が持てないんだわ。

 先日、「ねぇ、ワクチン、打つの?っていうか、ワクチンって効くの?」と女友達Y子(51才)に聞かれたから、「総理大臣は打ったよね。看護師をしている親戚の子も打ったって言ってたよ」と私。

「でもなぁー、50才を過ぎてから花粉症がひどくなってさ。薬をのんで、くしゃみや咳を抑えているところにワクチン打っても大丈夫って保証、あると思う?」とY子。

 お薬手帳を持っていけば、薬剤師は何らかの判断をすると思うけど、じゃあ、その判断は正しいのだろうか。いまはいいけど、5年後、10年後は? 日本中から“太鼓判”というハンコが消えてしまったみたいで、落ち着いて考えれば考えるほど、不安でたまらなくなる。

 この感じ、何かに似ていると思ったら、「時価」だけの寿司店に行ったときに似てると思った。そんな店に入ったのは、64年の人生で1度しかない。仕事上、恩のある人から「いい店だから行ってみて」と言われ、たいした考えもなくフラリと入ったんだけど、なんとも落ち着かない。

関連キーワード

関連記事

トピックス