芸能

16年ぶり復活作や、人気漫画実写化も…春ドラマ期待の5作を紹介

 新たなスタートが切られた春。ドラマの開花状況も満開だ。ラブストーリーも学園ものもミステリーもズラリと揃った春ドラマから、女性セブン編集部が厳選した期待大の作品を紹介しよう。

◆伝説の弁護士が帰ってくる!

4月25日(日)スタート(公式HPより)

4月25日(日)スタート(公式HPより)

『ドラゴン桜』
(TBS系/4月25日スタート/毎週日曜21時~) 

 低偏差値の生徒たちをたった半年で東大に合格させた伝説の弁護士・桜木建二が16年ぶりに復活。受験制度が大きく変わった令和での、新たな“桜木式受験必勝メソッド”とは!? 「つべこべ言わず東大に行け!」のせりふに日曜夜の憂鬱もスカッと晴れるはず。

【気になる第一話は……】
 元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)の型破りな教えで東大合格者を輩出した私立龍山高校だったが、桜木が去ってから学力が低下し、以前のような低偏差値高校に。そんな状況を危惧した桜木は再建のため再び龍山高校へ着任するが……。

◆毎週1本のショートコントから幕を開ける

4月17日(土)スタート

4月17日(土)スタート(C)日本テレビ

『コントが始まる』
(日本テレビ系/4月17日スタート/毎週土曜22時~) 

 夢を諦め解散を決意した3人のコント師と、社会のレールから外れ夜の街で働く姉妹が出会い、織りなす群像劇。20代後半で「人生の大失敗」という壁にぶつかった5人の笑って泣いてもがく姿は必見。

『コントが始まる』

『コントが始まる』(C)日本テレビ

【気になる第一話は……】
 結成10年を迎えながらも思い描くような結果が出ないお笑いトリオ「マクベス」の3人(菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀)はファミレスでネタ作りに励む日々。そこで働く里穂子(有村架純)はやがて彼らのファンとなりライブに行くようになり──。

ヒロインに有村架純

ヒロインに有村架純(C)日本テレビ

◆クセ者×エリートの新感覚リーガルエンタメ

4月5日(月)スタート

4月5日(月)スタート(公式HPより)

『イチケイのカラス』
(フジテレビ系/4月5日スタート/毎週月曜21時~)

 検察官や弁護士ではなく、刑事裁判官を初めて主人公(※民放連続ドラマで)にした新しい法廷ドラマ。11年ぶりに月9主演を務める竹野内豊と初の月9出演となる黒木華の初共演ながら絶妙なコンビネーションにも注目。

【第一話の復習……】
 東京地方裁判所第3支部第1刑事課、通称・イチケイの刑事裁判官・入間みちお(竹野内豊)は冤罪防止のため徹底した捜査をする変わり者。東大卒で若くして特例判事補となって赴任した坂間千鶴(黒木華)はみちおのバディとなるが、担当した事件で早速その破天荒ぶりを目の当たりすることに。

◆天才すぎる助手がポンコツ探偵をアシスト

『ネメシス』
(日本テレビ系/4月11日スタート/毎週日曜22時30分~) 

 大富豪の遺産相続や、殺人事件が次々と持ち込まれる探偵事務所「ネメシス」にいるのは、天才探偵……ではなく人情に厚いポンコツ探偵と、ありえないヒラメキで事件を解決する天才助手。1話ごとに解決される事件はある過去の謎につながって──。

【気になる第一話は……】
 元探偵・栗田一秋(江口洋介)から事務所を引き継いだ風真尚希(櫻井翔)のもとに大富豪への脅迫事件が舞い込む。栗田、風間、そして助手の美神アンナ(広瀬すず)は早速豪邸に乗り込み調査を開始するが、翌朝死体が発見される。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン